ほっかいどうデータベース

ほくていホールディングス

国土交通省が推進する「安全性優良事業所」に認定されている

コロナの影響は最小限。時代をとらえて地域に貢献

「ほくていホールディングス」は、北海道郵便逓送、北見郵便逓送、旭川郵便輸送、八幡自動車の4社を束ねる。13年に持ち株会社制に移行した。

指揮を執る加藤欽也社長は「ここ数年続くインターネット販売の拡大に加え、新型コロナウイルスによる〝巣ごもり需要〟もあり、今のところ郵便輸送事業への影響は最小限にとどめられています」と打ち明ける。

同HDは郵便輸送だけではなく、賃貸マンションの経営、介護老人保健施設の賃貸など、不動産事業も積極的に展開している。

また、加藤氏は「さわやか無線」タクシーグループの社長も兼任している。ハイタク業界を含む交通インフラは、新型コロナウイルスの感染拡大で、大打撃を受けている。

「国の雇用調整助成金を受けなければ、どのタクシー会社も立ちゆかない状況です。それでも当社のドライバーには、助成金を受けながら、しっかりと給与を保証しています。新型コロナは、タクシーの未来像を議論する大きなきっかけになります」(加藤氏)

19年から加藤氏は札幌商工会議所の副会頭も務める。札幌の防災対策の必要性を説く。

「新型コロナで人々の文化、価値観が大きく変わりつつあります。そうした時代の風をしっかりとらえて、地域社会のために貢献していきたい」と先を見据える。

加藤欽也社長
安全・安心・快適なサービスを追求する「さわやか無線」タクシー