ほっかいどうデータベース

世界で高い評価の設計力。建築文化継承に尽力

(こにし・ひこひと)1964年十勝管内広尾町生まれ。86年に北海道東海大学芸術工学部を卒業。96年にヒココニシ設計事務所を設立し16年に現社名へ改称。日本建築家協会北海道支部支部長、北海学園大学非常勤講師を務める。

小西 彦仁氏 ヒココニシアーキテクチュア代表

 札幌を拠点に国内外で建築設計、インテリアデザインから都市計画までを手掛ける日本を代表する建築家。
 19年の世界最高峰のデザイン賞の1つである 「iFデザイン賞」 (ドイツ)をはじめ、20年も「DFAアジアデザインアワード」(香港)など7つを受賞した。
 その設計力は世界で高く評価され、海外からの依頼も多い。道内では江別蔦屋書店やニセコの多くの別荘群も手掛けた。
 6月には日本建築家協会北海道支部支部長に就任。「道内の建築家の作品を集めた展覧会の開催など、新たな年は本格的に動き出す」と日本の建築文化熟成にも尽力する。
「日本、特に北海道の建築デザインは世界でもトップレベル。機能的で居心地が良くスタイリッシュな空間づくりをもっと世界に向けて発信していく」と情熱と探求心の歩みを止めない。