ほっかいどうデータベース

札幌中島ライオンズクラブ旗争奪少年野球大会で熱戦

米地理会長から優勝旗が授与された

札幌中島ライオンズクラブ(米地理会長)が後援する第24回「札幌中島ライオンズクラブ旗争奪少年野球大会」が9月20日から開催され、今年も熱戦が繰り広げられた

キリンビールの子会社「スプリングバレーブルワリー」が北海道胆振東部地震の復興支援で、期間限定「北海道厚真町産ハスカップ」を発売。923日に記念の座談会を開催した。

ハスカップビールで乾杯する座談会出席者

24回目を迎えた「札幌中島ライオンズクラブ旗争奪少年野球大会」は、少年軟式野球札幌選抜大会の中央区予選を兼ねる大会で、今年は13チームが参加して9月20日から4日間にわたりおこなわれた。

10月3日には札幌市中央区の緑ヶ丘公園グランドで決勝戦がおこなわれ、緑丘ホーマーズが昨年に続き優勝を果たした。

当日は、同ライオンズのメンバーが試合を観戦。閉会式で挨拶にたった米地理会長は「みなさんの努力が大切な思い出になります。次の大会に向けてこれからも頑張ってください」と野球少年、少女を激励した。

札幌中島ライオンズクラブは1994年に発足。社会貢献活動の一環として当初から同大会を支援してきた。少年野球のほかにも札幌市サッカー少年団大会や北海道FID(知的障害者)バスケットへの協賛、小学生への防犯ベル寄贈など、さまざまな青少年育成奉仕事業に注力しているほか、チャリティーゴルフ大会や献血呼びかけ協力など、盲人や児童福祉、交通安全などにも積極的なアクティビティ(社会奉仕活動)を実践して地域社会に貢献している。

札幌中島ライオンズクラブ旗争奪少年野球大会で熱戦

札幌中島ライオンズクラブ(米地理会長)が後援する第24回「札幌中島ライオンズクラブ旗争奪少年野球大会」が9月20日から開催され、今年も熱戦が繰り広げられた。

ライオンズメンバーと優勝した緑丘ホーマーズ