ほっかいどうデータベース

公益社団法人ふる里公苑 真駒内滝野霊園

桜とラベンダーの樹木葬「つどいⅡ」

大自然の中で季節を愛でながら公園感覚で過ごせる霊園

 1981年に開園した「真駒内滝野霊園」は、公益社団法人ふる里公苑が管理・運営している公園霊園。総面積は約180万平方㍍で、道内最大級の広さ(公益社団法人全日本墓園協会調べ)を誇り、広大な敷地内には4万8000基を超える墓石が建ち並ぶ。

 園内にはモアイ像やストーンヘンジ、頭大仏などのモニュメントのほか、中央にある管理事務所内では軽食や特製ソフトクリームが楽しめて、モアイ像をモチーフとした土産品が購入できるなど、今や札幌観光のスポットの1つとなっている。

 墓石に関しては、一般的な自由墓所のほかに、家族の希望や予算に合わせて、さまざまな墓所が用意されている。

 人気となっている樹木葬の「さくらガーデン」は、桜の木に囲まれた区画内にサークルを配置し、石のプレートを墓標として個別に埋蔵する新しい形の墓石。一般的な散骨や合葬式ではなく、納骨堂のように骨つぼのまま納骨できると好評だ。

 ほかにも、バラが咲き誇る継承者不要の供養墓「ローズガーデン」や、桜とラベンダーに囲まれた一人用の供養付樹木葬「つどいⅡ」、3平方㍍の自由設計型ガーデン墓所「八重の園」のほか、大勢の人と1つのお墓に眠る合葬墓「ふる里霊廟」などがある。

 また、飼っていたペットと一緒に眠る墓として「With FamilyⅡ」や、後継者がいなくても霊園が将来の供養をおこなう「One Family」も新設された。

 管理に関しては、子どもや孫に負担をかけず墓を永代にわたって使用していきたいという人のための管理料一括制度「久遠(くおん)」や、墓を引き継ぐ人がおらず将来荒れ墓になるのが不安だという人のための永代供養墓移行プラン「むすび」など、それぞれの事情により選ぶことができる。

 園内には天候にかかわらず見学できる「墓石ギャラリー」(午前9時〜午後5時)があり、終活から墓石の建立まで、専門の相談員が個別に応じてくれるので問い合わせを。

建築家・安藤忠雄氏により設計された「頭大仏殿」
シンボル的存在となっている「モアイ像」