ほっかいどうデータベース

山下不動産建設


「シンプルノート」の外観の一例

「シンプルノート」の寒冷地仕様を発売

 3月で創業10年を迎えた山下不動産建設は、年間50棟ほどをコンスタントに供給。現在、主力商品の「グレイスホームシリーズ」では、新建築物性能表示制度「BELS」認定を全棟で取得しているほか、制震ユニット「ミライエ」を標準装備するなど高い機能性が売りだ。
 本年3月からは創業10周年の記念事業を展開。〝意匠派〟ユーザーに向け、本州で人気を博すデザイナーズ住宅「シンプルノート」の販売を開始した。
 写真の通り、無駄を徹底的に排除したデザインが特長で、まさにシンプルそのもの。「カッコ良さと住みやすさの両立」をテーマに、間取りはもちろん、採光など細部まで緻密に設計していく。自由設計のため理想をとことん追求できる一方、不要なものを省くことで価格を低廉化。手が届くデザイナーズ住宅だ。
 この「シンプルノート」に同社の技術力を加え、寒冷地仕様の低炭素住宅として売り出しており、札幌中央スタジオ(札幌市北29条西7丁目)をモデルハウスとして開設中。3月末には江別市にもモデルハウスをオープンさせる。

札幌中央スタジオで公開中のモデルハウス