「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 注目の企業

目の企業

このエントリーをはてなブックマークに追加

キリンビール北海道統括本部掲載号:2019年1月号

写真大 「一番搾り」「本麒麟」「ブルックリン ソラチエース」を説明する濱本伸一郎北海道統括本部長

写真 毎年8月、北海道千歳工場で「ビアフェスティバル」を開催 写真 看板商品の「一番搾り」

ビールを通じて「北海道の誇りを共有、発信する」

「北海道の誇りを共有、発信する」――キリンビールは本道で、このテーマに徹頭徹尾、取り組んでいる。

 主力ブランド「一番搾り」の「北海道づくり」は、名水百選に源流が選ばれている内別川の水を使用し、北海道千歳工場で醸造。18年も11月27日から限定出荷され、人気を博す。

 飲食店向けクラフトビールの新商品にも、本道へのリスペクトが感じられる。それが「ブルックリン ソラチエース」だ。アメリカのブルックリンブルワリーが空知地方をルーツに持つホップを使い、09年に発売した。キリンビールが輸入販売を手がけ、全国に先駆けて18年10月から道内で提供されている。

 宣伝面でも〝北海道推し〟。大ヒット中の新商品「本麒麟」のCMに、平昌オリンピックで銅メダルを獲得し、「そだねー」の北海道弁でも話題を呼んだロコ・ソラーレを起用した。店頭のPOPでも、こだわりを貫く。

「地元の名所や風景、旬の食材を使った名物料理などを各地の社員が撮影し、オリジナルのPOPやポスターの写真として使っています」(濱本伸一郎北海道統括本部長)

 12月には、訪れて体験するからこそ究極を味わえる「ビアツーリズム」を千歳と函館で、企画会社と共催した。「今後も、ビールを通じて北海道の素晴らしさを発信していきたい」と濱本本部長。

基本データ

住所:
札幌市中央区北1条西10丁目 ベストアメニティ札幌ビル
TEL:
011・251・5121
URL:
http://www.kirin.co.jp

(五十音順)