「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > スポーツ > 北海道日本ハムファイターズ

ポーツ情報

北海道日本ハムファイターズ

ファイターズの横顔
このエントリーをはてなブックマークに追加

市川友也選手(いちかわ ともや)掲載号:20140715

写真

1985年5月9日、神奈川県相模原市生まれ。O型。身長176センチ、体重81キロ。右投げ右打ち。東海大学卒業後、鷺宮製作所に入社。2009年のドラフト4位で読売ジャイアンツに入団。今シーズンから北海道日本ハムファイターズに加入した。捕手として強気なリードが持ち味。新天地でのさらなる活躍が期待される。背番号56。

巨人時代は、在籍した4年間で出場はわずかに9試合。日の目を見ずにいた29歳が、ファイターズで輝いている。
5月1日の西武戦でプロ初安打を放ち、6月3日の広島戦では4安打2打点をマークした。
リードも光る。5月25日の横浜戦では、5年目の中村勝投手をプロ初の完封に導いた。
「最高の形で試合に勝つことができたと思います。僕自身もプロのキャッチャーとして初めての完封だったので、とてもうれしかったです。そういう意味で、一番印象に残っている試合です」
キャッチャー像についてこう語る。
「ピッチャーのために、最善を尽くして勝利に導く義務が僕にはあると思っています。ファイターズに来て初めてタイムリーを打った試合でも、チームに貢献できてホッとはしましたが、それ以上に守備のことばかり考えていました」
小学1年で野球を始めた。だが、実は当時、サッカーをやりたいと思っていた。
「友だちと遊ぶときはボールを蹴ってばかりいるような少年でした。でも、たまたま母親と公園でキャッチボールをする機会がありました。そのとき近くで少年野球のチームが練習していたらしく、そこの監督から誘いを受けたのがきっかけでした」
しかし、幼稚園時代にはプロ野球選手を夢みていたという。
「僕自身は覚えていないのですが、将来の夢を聞かれると、なぜか『プロ野球選手』と答えていたそうです」
東京に妻と長男の千翔(ゆきと)くんを残しての〝単身赴任〟。関東で試合があるときは家族と過ごしている。
「息子はまだ8カ月ですが、軽いキャッチボールができます。子どもに会うとかわいくて、癒やされます」
携帯電話の待ち受け画面は妻と千翔くんだ。
「写真を見て元気をもらっています。落ち込んだときは奥さんに電話します。言葉に出すと楽になるので、よく聞いてもらっています。奥さんには迷惑ばかりかけっぱなしで、いつも感謝しています」
移籍後、北海道のファンのマナーのよさに驚いたという。
「声援が熱くてヤジは少ない。ファンが温かいと感じます。リーグ優勝に少しでも貢献できるよう頑張るので、応援よろしくお願いします」
(上田)

◎仲のいい選手は誰ですか?

「同い年の村田和哉選手です」

◎好きなもの、嫌いなものは?

「肉、トマト」

◎最近のマイブームは?

「読書。社会人時代に在籍していた会社がモデルの『ルーズヴェルト・ゲーム』も読んでいます」