最新号のさわり

財界さっぽろ 2021年8月号目次

特集・札幌市街地にヒグマだベア~

©財界さっぽろ

 6月18日未明、札幌市内の住宅街のど真ん中に現れた1頭の“森の隣人”が全国的に大きなニュースとなった。特集では本誌独自の視点で“クマ騒動”を取り上げた。「駆除まで恐怖とパニックの8時間」での緊迫ドキュメントをはじめ、「いづれ大通公園にクマ出没、ということになっても不思議ではない」と分析する「専門家に聞く、どこから来たのか」、「2021札幌出没マップ」など。また、記者がクマを“追跡”しているかのように見えるUHBのスクープ映像がネットで炎上したことを受け、道内テレビ局の報道姿勢を検証した。クマの生態、遭遇時の対応方法Q&Aはもちろん、八雲町が発祥の木彫り熊、のぼりべつクマ牧場のいまなど、ディープな切り口もお届けする。

新トップ“ダブル”インタビュー、北海道銀行・北海道新聞社

兼間祐二氏と宮口宏夫氏 ©財界さっぽろ

 今年の役員改選で、新トップに就任した北海道銀行の兼間祐二頭取と北海道新聞社の宮口宏夫社長にインタビューを行った。兼間氏は「お客さまのお役に立つためには社員のレベルアップが必須です。そのためにも、若手がもっともっと力を発揮できる、輝ける職場環境をつくっていきます」と、社員の意識改革に取り組むと力を込める。今年の役員改選での頭取昇格は道内マスコミは不意を突かれた形。今だから明かせる頭取交代の裏側や、社内の合唱部に在籍、愛読書など大いに語ってもらった。一方の道新・宮口氏は本誌に「悲観する数字ではない」と語った上で「道民に届けるツールを紙だけではなく、いろいろと増やしていくことが大事だと考えています」「紙とデジタルとリアルの組み合わせも模索していきます」と意気込む。外勤の初任地・遠軽支局の思い出や現社屋の活用方法、東京五輪のマラソン運営などについても直撃している。

4区・本多平直“不適切発言”余波

本多平直氏 ©財界さっぽろ

 立憲民主党の衆院議員・本多平直氏といえば、舌鋒鋭く安倍・菅両政権に切り込む国会での姿が目立っていた。しかし、口は災いの元。選挙を控えるタイミングで舌禍を招いてしまった。今回の発言が取りざたされたのは6月初旬のこと。性犯罪規定の見直しに向けた5月の党内会議で、本多氏が話した「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」との内容が発端だった。本多氏は6月8日に国会内で記者団に釈明後は党内部や地元に対しての説明はしたが、公の場で謝罪などはないまま。その中で6月26日に開かれた立憲道連大会にも、姿を見せなかった。地元・北海道で開かれた公の席だけに、出席すればマスコミに囲まれるのは必定。本多氏自身も逃げるつもりはなかったというが、ではなぜ欠席したのか。その裏舞台を明かす。また党本部サイドが“自発的離党”を促したものの合意できず、13日になって次期衆院選での公認内定取り消しと党員資格停止が決まった。早くも立憲の代替候補の名前が複数挙がっており、気の早い本誌もその顔ぶれを予想。さらに、本多氏の地元秘書の妻が共同代表を務める団体が、今回の発言に対し、否定的な声明文を公表した件についても触れている。

ウイニングチケットに一目会いたくて…、日高に「ウマ娘」ファンが殺到

©財界さっぽろ

 往年の競走馬を美少女に擬人化したゲームアプリ「ウマ娘 プリティーダービー」が大ブームとなっている。それとともに、キャラクターのモチーフとなった実際の競走馬ゆかりの地をめぐる“聖地巡礼”を行うファンが増えているのだという。馬産地のメッカ・日高で余生を過ごす1993年ダービー馬・ウイニングチケットの繋養先にも問い合わせが増えているという。「ゲームをきっかけに“本物”を見てみたくて」というウマ娘ユーザー向けに、本誌では「聖地巡礼&見学マナーガイド」でゲーム内に登場する競走馬の道内の繁養先、供養先を一覧で掲載した。

HTBマスコット、南平岸のonちゃん最後の日を実況中継

©財界さっぽろ

 全国一有名なテレビ局のマスコットキャラクターと言っても過言ではないだろう、HTB北海道テレビ放送の「onちゃん」。札幌市豊平区平岸の同社旧社屋屋上には、巨大なonちゃんの像が設置されていたが、今年1月末、旧社屋を土屋ホールディングス子会社が買収。同3月末から解体工事が始まると、onちゃん像も諸事情から保存は叶わず、6月25日、ついに撤去が行われた。本誌ではonちゃん撤去の瞬間から搬出までを“実況中継”。都合2代目となる像の秘話、解体作業当日の様子についても巻頭カラーグラビアでお届けする。