「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 玄米酵素

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

玄米酵素
取材日:2020年2月

写真大 食習慣の改善で社員の健康増進を図るセミナー

写真 健康講座の導入は、自治体にも広がっている。写真は当別町幹部社員セミナー 写真 玄米酵素「ハイ・ゲンキ」シリーズ 写真 経済産業省認定の「健康経営優良法人」を取得

社員の健康増進で生産性向上へと導く「健康経営サポート」

 働き方改革の本来の目的は、企業の労働生産性を上げることにある。労働時間の短縮と同時に企業の業績を維持・向上させるというのが本質だ。
 そこで重要なファクターとなるのが社員の健康。生活習慣病などを改善し、体力増進を図ることで多くのメリットが生み出される。良好な体調管理やストレス軽減によって、仕事に対する積極姿勢を引き出す職場環境の構築は、企業経営の基本中の基本。今や趨勢ともいえる。
 そうしたなかで注目されているのが、全国規模で企業の導入が急増している玄米酵素の「健康経営サポート」だ。
 主なサポート内容は次の4つ。
①経済産業省認定の「健康経営優良法人」の取得に向けたサポート。
②社員とその家族を対象とした「食と健康セミナー」「料理教室」「自然食レストランでの食事会」の実施(食事の基本や和食の重要性、運動の必要性、心のアドバイスなどを含む)
③管理栄養士による個別相談。
④玄米酵素商品、自然食品の割引価格での提供などで、同社のノウハウを結集した多岐にわたる健康サポートが受けられる。
 同社は来年10月に創業50周年を迎える。創業当初から「食改善で真の健康をお届けする」を経営理念に掲げ、全国各地で年間1万回を超える健康講座や自然食料理教室を開催。健康補助食品の「ハイ・ゲンキ」シリーズとともに〝食事道〟を啓蒙し、全国で愛食者60万人を目指している。
 こうした実績が評価され、同社とグループ企業の「コーケン」が2020年も経済産業省認定の「健康経営優良法人」(日本健康会議)を取得している。これは、地域の健康課題に即した取り組みで特に優良な健康経営を実践している企業を顕彰する制度。鹿内正孝社長は「社員の健康を企業経営の基盤に据えることで生産性も向上していく。当社が長年培ってきたノウハウを活用して健康経営を目指してほしい」と訴えている。

基本データ

企業名:
玄米酵素
住所:
札幌市北区北12条西1丁目1‐1 第1酵素ビル
TEL:
011・736・2345
URL:
https://www.genmaikoso.co.jp/
経営サポート