「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 日本医療大学

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本医療大学
取材日:2019年5月

写真大 島本 和明総長(しまもと・かずあき)1946年10月7日、小樽市出身。71年札幌医科大学医学部卒業。78年同大で医学博士の学位を取得。2004年から同大附属病院長、10年から同大理事長・学長を歴任。2016年から現職。

写真 真栄キャンパス 写真 恵み野キャンパス

高い国家試験合格率。〝学生ファースト〟で大学生活を支援

 ――昨年の看護に続き、リハビリテーション学科の1期生が卒業しました。国家試験の結果は。
 島本 看護学科1期生の看護師国家試験合格率は98・6%と全国平均を上回り、2期生も97・4%と全国平均89・3%を大幅に上回りました。リハビリテーション学科1期生も理学療法士国家試験では全国平均85・8%に対して本学が100%、難関だった作業療法士国家試験も76・9%と、全国平均の71・3%を上回りました。
 国家試験の合格率は学生にとっても本学にとっても非常に重要です。学生も教員も頑張ってくれました。中でもキャリア学修センターが大きな力になりました。
 ――就職は。
 島本 両学科とも100%です。この結果を見てもわかるように、北海道では医療系の人手不足が続いています。札幌などの大都会は、少しずつ充足されてきていますが、全道的には医療系の学生に対するニーズは変わらず高いと痛感しました。
 ――最後発の診療放射線学科1期生も4年生となりました。
 島本 この4月に初めて3学科に全学年がそろい、人数的にも大学として一人前になりました。真価を問われるのはこれからだと思います。診療放射線学科でも国家試験で結果を残し、3学科ともに「日本医療大学は国家試験合格率が常に高い」という評価にしていきたい。国家試験の結果が出る来年3月が楽しみです。
 ――総長就任以来、公言している「学生ファースト」の意味は。
 島本 学生たちは卒業後に看護師、理学療法士、作業療法士、放射線技師として医療の現場に出ます。その時に 「診てやる」ではなく「診せてもらう」という〝患者ファースト〟の医療人になってほしい。この精神を育むためには、教える側である教員が〝学生ファースト〟の精神で接することです。学生が大学生活で感じたファーストの精神を患者さんに向けてもらえれば〝患者ファースト〟の医療人になるはずです。
 また、少子高齢の中、日本中の大学で優秀な学生の確保が課題となっています。受験生が大学を選ぶポイントは3つあります。1つ目は、なにより良い講義が受けられること。2つ目は、その結果として国家試験合格率が高いこと。そして3つ目は、快適なキャンパスライフ。この3つがしっかりそろっていなければなりません。
 私は年間約90回の講義をおこなっていますが、講義の最後に実施する小試験と一緒に、講義についての質問や要望、大学生活についての要望を書いてもらっています。いろいろ要望が出てきますよ。
 ――例えば。
 島本 学生数が増えたことで、昨年は「学生食堂が狭い」「バスの本数が少ない」という不満が出てきました。
 ――簡単には対応できませんね。
 島本 食堂の営業時間を拡大して席数を増やし、ランチタイムには自習室も開放しました。また、スクールバスの便数も増やしました。学生の要望に応えるため、あらゆる工夫をしています。100%解決できなくても、早く動くことです。ファーストには「第一」と「早い」の2つの意味がありますから。
 また、朝食を取らずに大学に来る学生向けに始めた100円朝食も好評です。和食、洋食、イタリアンまですべて100円です。
 これらは全て学生に気持ちよくキャンパスライフを過ごしてもらい、立派な医療人になってもらうための学生ファーストです。  
 ――開学以来、研究にも注力してきました。
 島本 例えば認知症研究所では、3学科のスタッフと、グループの社会福祉法人「ノテ福祉会」のスタッフがともに研究をしています。アスパラガスから抽出したイータスという健康食品の認知症患者への効果についても臨床研究をおこなっています。大学は教育と研究の場です。教員の研究によって大学の評価も上げていきたい。
 ――つしま医療福祉グループに病院が加わりましたね。
 島本 グループ内に病院があるというのは非常に大きな意味があります。3学科すべての臨床実習先になりますし、就職にもつながってきます。非常に重要な関連施設です。
 ――最後に大学のユニバーサル化については。
 島本 国際化の中で学生の質を担保するためには、グローバリゼーションが必須になってきます。診療放射線学科の1期生卒業をめどに大学院の設置や、学生の相互交流による留学を推し進めていく計画です。すでに海外の4つの大学・短期大学と国際交流協定を締結しており、土台はできています。当然、研究者の交流も深めていきます。国際化により、教育レベルも研究レベルもさらに上げていきたいと考えております。

基本データ

企業名:
日本医療大学
住所:
【真栄キャンパス】札幌市清田区真栄434‐1アンデルセン福祉村/【恵み野キャンパス】恵庭市恵み野西6丁目17‐3
TEL:
【真栄キャンパス】011・885・7711/【恵み野キャンパス】0123・29・3171
URL:
https://www.nihoniryo-c.ac.jp/
教育:大学