「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 女子ホッケー「ボルテックス札幌」にホットタピオカ

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

News&Files 2020年3月号
取材日:2020年1月

写真大 前列中央が井関翔太社長。選手はホットタピオカを持って笑顔に

女子ホッケー「ボルテックス札幌」にホットタピオカ

 飲食店などを経営するスパイスキューブ(本社・札幌市、井関翔太社長)が、女子アイスホッケーチーム「ボルテックス札幌」を激励に訪問。自社商品を提供した。。

  札幌市内でイタリア料理店「ピッコロモデナ」やホルモン・焼肉の「リキヲ」などを運営するスパイスキューブ。特に札幌市内に2店舗を構えるタピオカドリンク店の「パールライオン」は人気を博しており、函館・五稜郭地区にも新店を開設している。
 また、自社サイトの「北海道野菜マーケット」をインターネット上で展開し、道産にこだわった農産品の全国販売も手がけている。
 同社が今回、激励のために訪問したのは、札幌市に拠点を置く女子アイスホッケーチーム「ボルテックス札幌」。昨シーズンはBプールを優勝し、今シーズンからAプールに昇格した有力チーム。平昌五輪などで活躍した藤本姉妹がOGとして名を連ねるほか、1月に日本初の金メダルを獲得した第3回ユース五輪日本代表の田邊真希選手などが所属している。厳しい練習を重ねる選手たちを癒やそうと、井関翔太社長が用意したのは人気店「パールライオン」のホットタピオカ。「冷えた体に温かいものを」という気遣いに、差し入れをもらった選手は練習の合間に笑顔を見せた。
「社会への恩返しの1つとして当社の製品でみなさんを元気づけたい」と意欲的に語る井関社長。同社では、今後も高齢者向け施設や養護施設、障害者施設などを訪れ社会貢献活動を続けていく方針だ。