「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > オリエント建設

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

オリエント建設
取材日:2019年3月

写真大 タカラヴェール中央図書館

写真 藤田春幸社長 写真 プレシェルト美園 写真 賃貸不動産経営管理士の有資格者も在籍

各部門に有資格者を配置。万全の体制で高い入居率を実現

 1979年に創業し、今年で40周年を迎える「オリエント建設」。オーダーメイドで設計をおこない、オーナーの理想と地域特性を取り入れた物件で満室経営をサポートしている。
 外観はデザイン性と物件の長寿命を両立するため、汚れや劣化に強いタイルを積極的に使用。実際の建築費より高く見えると評判だ。また、賃貸経営に欠かせない土地の選定にも抜かりがなく、手がける物件のほとんどが駅から5~10分圏内という好立地にある。
 フルオーダーで駅から近いとなると気になるのが利回り。しかし、賃貸経営に対する幅広い知識を持つ「賃貸不動産経営管理士」や1級建築士、1級施工管理技士、宅地建物取引士などの有資格者を各部門に配置し、自社で設計や建設までをトータルでおこなっているため、高級感をだしつつもコストを抑えることが可能。地価が高い地下鉄駅周辺でも利回り8%前後をキープしている。入居率も築年数が長い物件が多数あるにも関わらず94%を維持。こうした実績が、リピーターや遊休不動産を持つ地主から選ばれる理由となっている。
「建てて終わりではなくしっかりとした物件管理もオーナーとの信頼関係を築くために重要だと考えています」と藤田春幸社長は話す。
 その言葉通り賃貸物件の管理をおこなうグループ会社の「オリエントマネージメントサービス」も高入居率維持の一翼を担っている。
 同社では、オーナー1人に対し専属のスタッフが、きめ細やかに対応。豊富な仲介業経験を持つスタッフがそろっているため、借り手目線から必要な設備や家賃設定など、空室対策に必要なさまざまな提案をしている。
 また、メールや書面だけではなく定期的にオーナーの元へ足を運ぶなど、信頼関係の構築に尽力。入居者からのクレームやオーナーからの依頼に対しても素早く対応しており、清掃も自社で清掃車3台を所有し定期的に実施している。このような細やかな管理が高入居率につながっている。 
 さらに、入居者の要望を蓄積し、フィードバックすることでより良い物件づくりにもつなげている。

基本データ

企業名:
オリエント建設
住所:
札幌市南区石山1条7丁目27-7
TEL:
011・594・2066
URL:
http://www.orient-ltd.com/
アパート経営