「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > オリエント建設

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

オリエント建設
取材日:2020年3月

写真大 7連棟の賃貸マンション(札幌市中央区北3東6)を竣工

写真 藤田春幸社長 写真 佐藤允昭オリエントマネージメントサービス部長

オーナーごとの個性を反映した7連棟の企画物件を今春に竣工

 賃貸マンションの設計・施工から管理までおこなう「オリエント建設」。
 オーナーの理想に最大限に応えるため、フルオーダー制を採用。市場のニーズを盛り込み、地域の天候や風土を加味した提案で、満室経営を実現。「物件力」で並み居る競合他社に打ち勝っている。
 近年は、他社では例を見ないような投資用マンションを軸に大規模開発を手掛けている。
 その1つがサッポロファクトリーにほど近い7連棟の賃貸マンション(札幌市中央区北3東6)だ。この春から順次竣工。各棟のオーナーが違うことから、それぞれの個性を反映しつつも、統一感のある外観デザインが好評だ。
 また、一括設計のため、通常は考慮されにくい日当たりや眺望なども意識して、窓や建物の配置などを決定した。
 一方で過剰なコストを抑制。業務は内製化が図られており、社内にいる賃貸不動産経営管理士や1級建築士、1級建築施工管理技士、宅地建物取引士が高いデザイン性とコストダウンの両立を実現させた。
 このほか、少子高齢化を意識し、高齢者が住みやすい物件も得意としている。通常は5階建てから設置を検討するエレベーターだが、同社では4階建てから推奨。導入費用は高額となるが「長期入居につながる。資産価値の向上になった」とオーナーからも喜ばれている。
 物件管理はグループ会社の「オリエントマネージメントサービス」で一元化。管理戸数は3800戸で、入居率は95%前後と高水準を維持している。
 その理由は「営業力」。オーナーに対しては、専任の担当者がマンツーマンで対応。報告事項もオーナーのもとに直接足を運び、親身になって応えている。
 また、入居者クレームにも迅速かつきめ細やか。管理を通じて入居者にもヒアリングできるため、空室対策や施工に生かすほか、不動産仲介店にも積極的に情報交換をおこなう。都市ガスやインターネット無料といった需要の高い設備・仕様をオーナーに提案している。
 これら物件の「企画力」と、管理の「営業力」という投資用賃貸不動産に不可欠な両輪が連動することで、多くのオーナーの満足度を実現。このほか、自社で清掃員を雇用しており、共用部の定期清掃はもちろん、入居者やオーナーの急な要望にも迅速に対応している。

基本データ

企業名:
オリエント建設
住所:
札幌市南区石山1条7丁目27-7
TEL:
011・594・2066
URL:
http://www.orient-ltd.com
アパート経営