「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > さっぽろ内科・リウマチ膠原病クリニック

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

さっぽろ内科・リウマチ膠原病クリニック
取材日:2019年7月

写真大 近 祐次郎院長 こん・ゆうじろう/1998年北海道大学医学部卒業。同大内科入局。市立札幌病院、北海道大学病院助教などを経て、2017年開院。日本リウマチ学会認定リウマチ専門医、日本内科学会認定総合内科専門医。

写真 専用のタブレットを使用し問診を効率化 写真 模型を使ったわかりやすい説明を徹底

細かな病変を見逃さず合併症を防ぐ〝リウマチドクター〟

 専門領域のリウマチから一般内科まで診療する近祐次郎院長。リウマチは一般的な血液検査とレントゲンに加えて、MRIと関節エコーを使用する。 
 治療に使う生物学的製剤は、国内で認可された全種をそろえ、抗リウマチ薬の投薬指導も徹底。副作用対策にも努めている。
 問診は専用タブレットを使った「リウマチ診療支援システム」を採用。病態変化の把握に努め、骨粗鬆症やシェーグレン症候群といった合併症を防ぐため、細かな病変にも目を配る。また、電子カルテとのデータ連携により、診療時間と待ち時間短縮も実現した。
 今年10月には診療スペースを拡大予定で、リウマチ患者が情報交換する院内コミュニティの形成も構想中だ。なお、リウマチは女性の発症が多いため、毎週火曜日は女性の田中宏美医師が診療する。
 近院長は「北海道保険医会」の政策部理事を務め、医療の充実と発展にも力を注いでいる。

基本データ

企業名:
さっぽろ内科・リウマチ膠原病クリニック
住所:
札幌市北区北7条西2丁目20 東京建物札幌ビル3階
TEL:
011・700・2000
URL:
http://www.sapporo-rac.jp/