「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > さっぽろ内科・リウマチ膠原病クリニック

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

さっぽろ内科・リウマチ膠原病クリニック
取材日:2020年1月

写真大 近 祐次郎院長 こん・ゆうじろう/1998年北海道大学医学部卒業。同大内科入局。市立札幌病院、北大病院勤務などを経て、2017年開院。日本リウマチ学会認定リウマチ専門医、日本内科学会認定総合内科専門医。

写真 画像を用いたわかりやすい説明を徹底

不安払拭に努めたリウマチ治療に支持。学術活動も積極的

 20年以上にわたり、リウマチの治療と研究に携わっている近祐次郎院長。リウマチの診断は複雑で、症状が似ている乾癬性関節炎や強直性脊椎炎といった疾患もある。そのため診断には一般的な血液検査とレントゲンに加えて、MRIと関節エコーを併用する。
 問診は専用のタブレット端末を使用。患者が日常生活で不便に感じる動作や行動などをチェックすることで、進行度合いを把握。治療方針を決めていく。
 治療は抗リウマチ薬と生物学的製剤がメーン。「近年の薬の進化で治療は大きく進歩しました。しかし副作用や治療費の高騰といった問題もある」と近院長。
 投薬指導の徹底はもちろん患者の経済的負担を軽減する「限度額適用認定証」の説明など、治療に対する不安の払拭にも努めている。
 院内には診療をサポートする日本リウマチ財団認定の「リウマチケア看護師」が在籍するほか、事務員を多く配置して待ち時間短縮にもつなげている。
 また、近院長は「日本リウマチ友の会北海道支部」に所属。講演会の講師のほか、会員患者との交流会にも積極的に参加している。

基本データ

企業名:
さっぽろ内科・リウマチ膠原病クリニック
住所:
札幌市北区北7条西2丁目20 東京建物札幌ビル3階
TEL:
011・700・2000
URL:
http://www.sapporo-rac.jp/