ほっかいどうデータベース

新川中央眼科

小川 佳一院長
おがわ・けいいち/1996年旭川医科大学卒業。旭川厚生病院、苫小牧市立総合病院、道立江差病院で勤務後、開業。日本眼科学会認定眼科専門医。ハイテクノロジー専門学校非常勤講師。

ドライアイの原因を探りQOLを向上させる

「目がゴロゴロする」「涙が出る」といった症状の多くは、原因が分からず点眼薬などで〝様子見され続ける〟ケースも多い。
小川佳一院長はドライアイが原因となっている可能性を指摘する。また「ドライアイもタイプは複数あるため、正確な診断が重要」と分析し、タイプ別に異なる治療法を用意している。
点眼治療では症状に応じて複数の薬剤からセレクト。涙点プラグ・涙点閉塞術と呼ばれる手術のほか、「IPL治療」も提案している。

小川院長は「涙液の表面を覆う油層の質が低下することでドライアイを発症する患者がいます。油層を分泌する上下まぶたの縁にあるマイボーム腺に特殊な光を照射し、油の質を改善させる新しいアプローチです」とIPL治療を説明する。
自由診療で治療費は1回5000円。月に1度の照射を目安に計4回実施して経過を観察する。
「目の不快感は生活の質を低下させます。正しい治療でQOLを向上させましょう」と小川院長。

照射時間は10分ほど