ほっかいどうデータベース

松田整形外科記念病院

寺島 嘉紀せぼね総合医療センター長
てらしま・よしのり/2000年札幌医科大学卒業。同大学細胞生理学・整形外科講師を経て21年4月に同院着任。日本専門医機構認定整形外科専門医。日本リウマチ学会専門医。医学博士。

顕微鏡を用いた低侵襲手術で高難易度の手術も行う

整形外科全般の治療を行う「松田整形記念病院」。関節外科、スポーツ外傷を多く扱っており、特にスポーツ障害の手術やリハビリテーション治療に注力している。4月からは新たに「せぼね総合医療」部門を開設。統括するのが日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医としても活躍する寺島嘉紀医師だ。脊椎疾患全般を手掛けており、特に高難易度の脊椎手術に実績がある。

札幌医科大学附属病院整形外科などで、首や腰などの脊椎、脊髄や神経に関わる病気、けがを専門に先端治療を行ってきた経験を持つ。頸椎椎間板ヘルニア、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症や腰椎分離症などの一般的な手術から、後縦靱帯骨化症や脊椎脊髄腫瘍、脊柱変形など、道内でも限られた医師にしか扱われない疾患の手術も手掛け、道内各地で出張手術も多く行ってきた。

「顕微鏡を用いた低侵襲手術を得意としています」と寺島医師。
この顕微鏡手術のメリットは、小さな皮膚切開により筋肉を傷めづらく、部位を拡大して立体的に確認し、内部に光源を内蔵して術野を明るく照らしながらの施術が可能なことだ。例えば椎間板ヘルニアは神経を圧迫する疾患だが、神経を愛護的に操作することが重要。顕微鏡を使用することで、小さな術野でも神経や血管の走行を確認しやすく、抜糸の必要もないため術後の回復も早い。従来法に比べ入院期間も短縮でき、早期の社会復帰を目指すことも可能だ。

術式の選択も的確だ。寺島医師は「これまで難易度の高い手術を多く行ってきた経験から、それぞれの患者様の生活スタイルに合った術式を提案しています。ヒアリングには時間を使います」と話す。

また、健康増進・疾病予防を目的とした道内整形外科初のメディカルフィットネス施設を10年に開設。再発予防や術後のケア、トレーニングなどあらゆるサポートをしている。さらに理学療法科は常勤理学療法士15人で道内スポーツチームのサポートも行う。診断、保存、手術、ケアまで一貫してサポートできる体制も整っていることも特徴だ。

顕微鏡手術では繊細な技術を発揮する
地下鉄南北線北18条駅から徒歩2分。駐車場も完備