ほっかいどうデータベース

札幌駅前樽見おしりとおなかのクリニック

樽見 研 院長
たるみ・けん/1991年札幌医科大学卒業。札幌いしやま病院副院長、札幌いしやまクリニック院長兼任などを経て、2016年同クリニック開院。日本大腸肛門病学会認定大腸肛門病専門医。日本外科学会認定外科専門医。医学博士。

負担の少ない「痔」の外科的治療を実践

樽見研院長は肛門に関する疾患の中でも「痔」を専門とするドクター。痔核が脱出する「いぼ痔」や肛門の皮膚が裂ける「切れ痔」、肛門の周囲に膿瘍をつくる「あな痔」などの肛門手術を日帰りでおこなっている。

「痔は良性の疾患のため命に関わることはありません。ただ生活の質を悪くしますので、早期に治療するとより侵襲の少ない療法で治すことができます。ためらわず恥ずかしがらずに受診してください」と樽見院長。

痔の中で最も治療の多い「いぼ痔」では、脱出している痔核の根治手術とともに、内痔核の4カ所に硬化剤を注射し血流を低下させて縮小を目指す「硬化療法」をおこなっている。

ほかにも、胃・大腸の内視鏡検査(カメラ)や、大腸ポリープの日帰りポリープ切除、胃のピロリ菌検査もおこなっているので問い合わせを。

アクセスは、JR札幌駅南口前と交通至便で、土日の診療もおこなっている。診療時間、休診の確認はホームページを参照のこと。

快適な排便を取り戻す痔の手術