ほっかいどうデータベース

アトラスグループ

6月に竣工した「アトラス千歳」

定評がある賃貸管理を軸に着実に実績を重ねる

 2006年に賃貸住宅の管理業務を主事業として設立。現在では投資用物件の企画からマンスリーマンションなどの短期賃貸の運営、中古物件の売買まで幅広く手がけている。
 特に定評があるのがリーシング力の高さ。担当者の管理物件数を抑えることで、迅速かつ密な管理体制を確立。設立以来、高い入居率を維持している。
 入居率を支えているのが多様な物件運営手法。特に実績を上げているのが短期賃貸だ。加盟するLIXILグループ(本社・東京都千代田区)のネットワークを駆使し、初期設備費用を抑えながらリニューアル。単身赴任者や旅行者向けに提供している。近年、深刻化している空き家問題の解決にも貢献している。
 新築企画においては「建設から10年後、20年後も入居率が低下しない物件」がコンセプト。札幌市内はもちろん、北広島市、恵庭市、千歳市などでも実績を上げている。
 6月には千歳市で手がける5階建ての自社物件「アトラス千歳」が完成。「タイムズ24」(本社・東京都品川区)と提携し、道内では数少ない「カーシェアリングサービス」を導入した。
 敷地内の駐車場に入居者用車両を用意。15分間ごとの使用時間に応じてを支払うシステムを採用。これをモデルケースに今後は他物件での運用も視野に入れている。
「新築・中古問わずあらゆる提案ができることが強み。オンリーワンの不動産会社として、オーナーの良好な資産形成をサポートしていきたい」と熱意を語る中橋健志社長。
 19年5月期決算の売上高は10億円超、経常利益は5000万円超で過去最高。順調に業績を伸ばしている。

●代表取締役/中橋健志
●設立/2006年6月
●事業内容/不動産の売買、仲介、管理、新築賃貸マンションの企画、マンスリーマンションの運営

中橋健志社長
マンスリーマンションの室内