「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > スポーツ > 北海道日本ハムファイターズ

ポーツ情報

北海道日本ハムファイターズ

ファイターズの横顔
このエントリーをはてなブックマークに追加

ボビー・ケッペル選手掲載号:20100815

写真

1982年6月11日、生まれ。米国・ミズーリ州出身。ディースメット・ジェズウィット高校卒業。2000年ドラフト1位でニューヨーク・メッツに入団。メジャー通算成績は49試合に登板し、1勝5敗、防御率5.36。今シーズンから日本ハムに新加入。投手。背番号31。

続けていけば 幼少時代から体を動かすことが大好きだった。5歳のとき、教会の集まりで野球を始めた。9歳になるころには、野球だけでなく、バスケットボール、サッカーと、3つのスポーツチームを掛け持ちをするようになっていた。
「高校入学とともに野球とバスケの2種目に減らしました。そして、卒業するとき、野球1本に絞ることにした。続けていけば、いつかプロになるチャンスがあるかもしれないと感じたからです」
“一杯のコーヒーを…” プロの世界に飛び込んで6年目の2006年。悲願だったメジャー初昇格を果たす。だが、定着はできなかった。
「短い期間だけメジャーにいることを“一杯のコーヒーを飲みに来た”と言います。私は野球=仕事と考えてしまうようになっていた」
日本ハム移籍 昨シーズンはメジャーで中継ぎとして自己最多の37試合に登板。納得のいく1年だったという。そんなケッペル投手が日本ハムに移籍してきたのは、「スターターとしてのオファーだったから」と説明する。
「『日本でキャリアを終えることも悪くない』と話すベテラン選手もいます。僕自身、まだ年齢も若いですし、スターターとしてやる自信があった」
お疲れさま すし、刺身、みそ汁など和食も好み、すぐに日本になじむことができた。6月の「YOSAKOIソーラン祭り」は通訳を連れず、家族だけで楽しんだという。日本で生活して感銘を受けたのは、「お疲れさま」の一言だった。
「この言葉には、たくさんの意味合いが含められていますよね。アメリカに戻っても使いたいと思うのですが、短い言葉に置き換えようとしても、英語では見当たらない。日本の文化を上手に表現しているなと感じます」
15勝以上 6月27日、ロッテ戦で来日1年目の外国人投手としては、球団初の2ケタ勝利を挙げる。同時に球団の外国人投手としては初の9連勝もマークした。
「ここまで成績を残せてこれたのは、仲間やファンの声援のおかげ。優勝もまだまだ手の届く範囲だと思う。個人的には15勝以上を挙げて、チームの勝利に貢献ができたら最高。これからも応援よろしくお願いします」
(竹内)

血液型:
身長・体重:

O型
196cm・97kg
右投げ・右打ち

星座:
趣味:
好きな日本語:

ふたご座
ゴルフ
お疲れさま

好きな日本食:
苦手な食べ物:
今ほしいもの:

すし・刺身・みそ汁
イカ・タコ・牛タン・納豆
自転車