「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 柏倉建設

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

柏倉建設
取材日:2019年6月

写真大 札幌市豊平区の本社社屋

写真 柏倉一大社長 写真 社員寮「匠の宿」(札幌市白石区) 写真 2016年に完成した社員寮「南行徳寮」(千葉県市川市)

創業64年。先駆けた取り組みで型枠工事業界を牽引

 柏倉建設は1955年に柏倉工務所として芦別市で創業。62年に現住所に移り、65年から現社名に変更した。
 主業はコンクリート建築物の躯体(骨組み)となる柱や梁、壁などの型枠工事で、この分野では道内トップ3の業容。これまでにオフィスビルやマンション、ホテル、病院、発電所のほか札幌ドームや創世スクエアの建設工事にも携わった。
 65年に東京事務所を開設して以降は、関東圏を中心に全国での売り上げが伸長。現在では道外の売り上げが5割を超える。
 札幌のほか茨城県内に資材センターがあり、道内外に4つの寮を保有。社員数は、専属協力会社を含めると200人を超えるまでに成長している。
 型枠業界に先駆けた取り組みが多いのも特長。道内でいち早くCADを導入するなど、コンピューター化で業務効率化を進めた。
 近年は労働環境の改善に力を入れており、型枠業界では珍しい通年雇用制の導入や社会保険の加入なども早い時期からおこなってきた。
 2013年からは外国人技能実習生も受け入れ、現在は外国人建設就労者と合わせ23人のベトナム人が在籍している。
「当社の社員がベトナムに渡り、技術指導をおこなった上で受け入れています。少しでも早く技術を身につけ、母国で生かせるようにサポートしています」と柏倉一大社長
 さらに、社会貢献活動や若い世代への認知度向上の観点から、地域の高校生を対象に「型枠大工体験学習」を開催し、学校訪問や現場見学会を実施。女性の採用も積極的に進めている。
「建築物を支える型枠工事は50年、100年と形に残る仕事です。若い世代に魅力を伝えていきたい」と柏倉社長。

●代表取締役社長/柏倉一大
●創業/1955年4月
●事業内容/型枠工事一式、仮設材リース

基本データ

企業名:
柏倉建設
住所:
札幌市豊平区月寒東2条6丁目2‐18
TEL:
011・851・9301
URL:
http://kashikurakk.com/
企業総覧:業種別景況と企業動向2019