「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 山崎耳鼻咽喉科クリニック

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

山崎耳鼻咽喉科クリニック
取材日:2019年7月

写真大 金谷 健史理事長 かなや・たけし/1984年旭川医科大学医学部大学院修了。92年英国ロンドン大学附属神経学研究所で前庭反射を研究。96年北海道社会保険病院(現JCHO北海道病院)耳鼻咽喉科主任部長を経て、2018年4月に山崎耳鼻咽喉科クリニック理事長に就任。日本耳鼻咽喉科学会認定耳鼻咽喉科専門医・補聴器相談医、日本めまい平衡医学会認定めまい相談医。

写真 JR桑園駅から徒歩2分。駐車場も完備

めまい治療に定評。リハビリ治療で改善へ導く

 めまいの治療で知られる「山崎耳鼻咽喉科クリニック」。金谷健史理事長は、旭川医科大学やロンドン大学で20年以上にわたり、平衡や前庭反射の研究に携わってきた。
「中高年に発症が多いめまいのほとんどは〝良性発作性頭位めまい症〟です」と金谷理事長。これは水平・垂直の動きをつかさどる砂状の耳石が三半規管へ剥がれ落ち、それが動くことで三半規管を刺激し、めまいが起こる病気である。
 診療では「DHI」という評価用紙を使い、めまいの重症度を数値化。その上で、問診や眼振検査などをおこない、適切な治療方法を導き出している。
「良性発作性頭位めまい症には、レンパート法やブラントダロフ法といった頭部を決められた方法で動かす運動療法が効果的です。迷い込んだ耳石を、もとのあったところに戻すことで、症状を安定させることができます」と金谷理事長は語る。
 めまいのリハビリ教室も定期的に開催し、医師とスタッフが一丸となり治療に臨んでいる。

基本データ

企業名:
医療法人社団 山崎耳鼻咽喉科クリニック
住所:
札幌市中央区北11条西14丁目1番16号
TEL:
011・757・3387
URL:
http://yamazaki-jibimemai.jp/