ほっかいどうデータベース

桑園整形外科

ほんま・しんご/1971年北海道大学医学部卒業。同大整形外科入局。79年米国アイオワ大学留学(脊椎バイオメカニクス)。80年市立札幌病院整形外科部長を経て、2009年桑園整形外科副院長に就任。11年医療法人社団くわのみ会名誉院長に就任。日本整形外科学会認定整形外科専門医。

手術せずに腰痛改善。治療も感染症対策も〝患者ファースト〟

腰やひざなどの慢性疾患を抱えた患者が訪れる「桑園整形外科」。通院患者が多いだけに、治療の前段階である感染症対策に力を注いでいる。
全ての医療スタッフが2回のコロナワクチン接種を終えており、院内の各所には消毒液を設置。患者や医療スタッフはマスクを着用し、来院者全員に対し、検温を行っている。また、受付にはアクリル板を設置し、20台近くの「プラズマクラスター」と「HEPAフィルター」付き空気清浄機も導入した。

患者が出入りするごとに診察室のイスやドアノブ、手すりまで毎回消毒する。手術はクリーンルームで実施し、病室も全室個室だ。

患者の立場での感染症対策からもわかるように、診療も〝患者ファースト〟。
「患者さんから見れば医師は強い立場。医師が強く主張すれば患者はうなずいてしまう。だからこそ謙虚に丁寧な説明を心がけています」と本間信吾名誉院長。問診に重きを置くスタイルで信頼されている。
「全ての腰痛の原因が画像に表れるわけではありません。患者さんの痛みを理解し、原因を丁寧に説明することで思い込みが解消され、痛みがなくなることも少なくありません」(本間名誉院長)

腰部脊柱菅狭窄症も得意分野。変形脊椎症が悪化し、脊柱管が狭くなった状態を指す疾患で、腰痛に加えて足のしびれや痛みも出てくる。長い時間歩き続けられないため、歩行と休息を繰り返し、時には下肢のしびれも感じる。
治療は運動療法や生活動作指導、神経ブロック療法などで改善。手術は患者にとって負担が大きいため、可能な限り避けている。

なお、無料バスも30〜40分間隔で1日14便運行中。同院と「JR桑園駅」「地下鉄東西線二十四軒駅」「琴似バスターミナル」を巡回している。

受付には飛まつ防止のアクリル板を設置。患者もスタッフも安心だ
院内に数多く設置したプラズマクラスター空気清浄機
HEPAフィルター付き空気清浄機も導入。幅広いウイルス対策を実践する