ほっかいどうデータベース

滝川中央病院

衛生的な治療環境を構築。
空知管内の精神科医療を下支えする

空知管内を中心に広い地域から患者が訪れている「滝川中央病院」。1961年の開設以来、半世紀以上にわたって精神科医療を提供してきた。

精神疾患全般から認知症や各種依存症、近年は重篤化しないように心の病の早期回復にも注力。薬物療法や作業療法、精神科デイケア、訪問看護などを活用して治療する。女性の心の悩み相談にも応じている。

医療スタッフには、公立病院の診療部長などを歴任した医師が在籍。看護師、精神保健福祉士らと連携し、知識と経験を生かした治療で患者の社会復帰を支援している。

病院全体は温かく柔らかな雰囲気にデザインされている。子どもや女性、高齢者など幅広い世代が通院しやすいよう工夫した。特に受付や待合室がある1階ホールは、明るく開放的なレイアウト。徹底したバリアフリー化も図り、患者を迎える。
共用部も十分な広さがあるため、ソーシャルディスタンスを保ちつつ、ゆったりしたスペースで治療を受けることができ、新型コロナウイルスなどの感染症対策にも効果を発揮する。

また、併設する歯科診療室は車椅子などの移動を考慮し通路も広く設計。外来患者も受け入れ地域医療にも貢献する。

さらにグループ内に4つの医療、介護施設を擁し、患者の症状や状態に素早く対応できる。
例えば、療養型病院である「若葉台病院」(滝川市江部乙町)は、4人の理学療法士が在籍し、患者の在宅復帰に向けリハビリや長期療養をサポート。介護老人保健施設「サンライズ留萌」(留萌市東雲町)では理学療法士と作業療法士が在籍。適切なリハビリを集中的に実践している。

さらに、住居や食事など退院後の生活支援を目的とするグループホーム「夕月」「朝日」などと連携することによって、早期治療から社会復帰まで途切れなく支援できる体制を整えている。

診療科目

精神科、神経科、内科、歯科

診療時間

月〜金
9:00~12:30(新患受付は11:00まで)
13:30~17:00(新患受付は16:00まで)
(第1・3・5土曜は午前のみ診療)

休診日

日曜・祝日、第2・4土曜
6月10日午後、6月15日、8月15・23日、年末年始

国道12号線沿いで大規模な駐車場も完備
ホールは広々とした設計でソーシャルディスタンスにも対応
若葉台病院(上)とサンライズ留萌