ほっかいどうデータベース

エッセンシャル

泉山翼査氏

人材獲得の好機。独自の採用代行サービスが好調

 コロナ禍を背景に、さまざまな業界で人材の流出が起こっている。これを優秀な人材獲得の好機ととらえて各企業が動き出している。

 そんな中、道内の上場企業や中小企業約50社の採用を支援する「エッセンシャル」の採用代行サービスが好評だ。

 同社では、顧客企業が求めるスキルや人物像を明確化し、利用する求人媒体を選定する。共同代表の1人である泉山翼査氏は「各媒体によって登録者の年齢層や男女比、保有スキルが異なる。最適な媒体選びが重要です」と話す。

 採用成功率は80%以上と高いが、傾注するのは入社後の定着率だ。

 もう1人の代表である村田功太氏は「人材が定着しなければ意味がないと考えています。現状の組織構成や仕事内容の細部までしっかりと把握し、最適な求人の打ち出しを提案しています」と語る。

 また、新型コロナウイルスの影響で企業説明会の開催中止などが相次ぐ中、採用PR動画の制作やリモート面接化も支援している。自社制作でコストダウンを図っており、中小企業でも導入しやすい価格となっている。

村田功太氏