ほっかいどうデータベース

北海道医療大学

浅香 正博 学長
(あさか・まさひろ)北海道大学医学部卒業。 同大医学部第三内科教授、北海道大学病院院長、同大大学院医学研究科がん予防内科学講座特任教授などを歴任。2015年10月より北海道医療大学副学長として着任。16年4月より学長に就任。医学博士。

――2年続けてのコロナ禍対応となりました。

浅香 衛生環境保持のもと、ハイブリッド方式の講義や全学生への一律5万円支給など、昨年は矢継ぎ早の対応を実施しました。今年度も同窓会などからの寄附金を基金とした「緊急コロナ特別奨学金」をはじめ支援を継続しています。病院などでの実習に出向く学生には学内でPCR検査を実施し、全員の陰性を確認して送り出しています。
また、札幌あいの里キャンパスに「北海道PCR検査センター」が開設され、全国からの検体検査に協力しています。さらに看護学科教員が医療機関、福祉施設などで感染対策の指導を行い、先端研究推進センターでは地域住民の抗体検査から、感染防止策の新たな知見・方法をまとめて研究論文を発表するなど、学外に向けての活動、情報発信も活発です。
学生たちも休校中の地域の小中高生を対象にしたオンライン自習室の開設に協力し、勉強方法や自宅での過ごし方など、さまざまな相談に応じて喜ばれました。
これらは人材育成とともに、今後本学のニューノーマルとして医療・福祉界、地域への貢献度をより高めていくものと思います。

――文部科学省の「学修者本位の教育の実現」事業実施もその一環に。

浅香 今年3月に道内私立大学で本学が唯一採用された補助事業です。デジタル技術を積極的に取り入れ、環境を整備してポストコロナを見据えた継続的教育の高度化を推進するものです。具体的には学生参加型のAI活用のための情報ネットワーク基盤の整備、メディア機器の拡充、フリースペースの新タイプ学修空間「ラーニング・コモンズ」などの整備を進めます。

――入試状況は。

浅香 コロナの影響で海外からの留学生は減りましたが、薬学部を始め、医療現場からの求人が急増している臨床検査学科を擁する医療技術学部など、全国から多くの学生が入学しました。また、学部入試ではありませんが、感染管理や認知症など、特化した分野で求められる看護のエキスパート「認定看護師」養成の研修センターのほか、医師の指示の下、手順書により特定の医療行為が行える看護師養成を目的とした大学院にも多くの志望者が集まりました。

――学部レベルの資格取得は。

浅香 6学部すべてが国家資格取得の受験が可能です。100%合格の学科も含め、各学科安定した高合格率を維持しています。

――3年後の2024年は創立50年目を迎えます。

浅香 今年中には記念事業計画をまとめたいと考えています。大規模病院と連携して学生の臨床実習をさらに充実させ「新医療人育成の北の拠点」として、全国から多くの人材が本学へ参集するよう整備を進めたいと思います。

当別キャンパスはJR学園都市線「北海道医療大学」駅と直結。1日66便が運行されている。