「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 桑園整形外科-腰

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

桑園整形外科-腰
取材日:2018年7月

写真大 本間 信吾名誉院長 ほんま・しんご/1971年北海道大学医学部卒業。同大整形外科入局。79年米国アイオワ大学留学(脊椎バイオメカニクス)。80年市立札幌病院整形外科部長を経て、2009年桑園整形外科副院長に就任。11年医療法人社団くわのみ会名誉院長に就任。日本整形外科学会認定整形外科専門医。日本リウマチ登録医。

写真 JR桑園駅から徒歩5分。駐車場も完備 写真 腰部脊柱管狭窄症のレントゲン図

患者の話をじっくり聞いて治療。腰痛治療のスペシャリスト

 長い時間歩き続けることができず、歩行と休息を繰り返す。時には下肢のしびれも感じる。こんな症状で悩んでいる人は、腰部脊柱管狭窄症を疑ったほうがいいだろう。
 加齢により神経の通り道である脊柱管が狭くなり、神経組織が圧迫されることで痛みが出る疾患で、高齢者を中心に近年患者が増えている。
「多くが運動療法や生活動作指導、神経ブロック療法などで症状が改善されます。手術は強い痛みが続く場合に限ります」と本間信吾名誉院長。ペインクリニック専門の勤務医とも連携しながら、保存治療で成果を上げている。
 腰痛の原因はさまざまあるが、本間名誉院長は腰痛全般に精通している。
「治療の基本は患者さんとそのご家族の話をしっかりと聞くことです。痛みの原因がわからなければ良い治療はできません。また、人は痛みがあると不安になります。精神的な弱みや思い込みは症状をさらに悪化させるため、まず治療への不安を取り除くことが先決です」と説く。
 現在の症状を聞き、レントゲンなどの画像診断をおこない、原因を丁寧に説明してから治療することで、治療結果も大きく変わってくるという。
 例えば、会社や家庭のストレスなどが原因となっている腰痛では、検査や画像では問題がなくても痛みが取れない場合がある。そのため精神面のケアも含めた治療が必要となる。
 こうした噂を聞きつけ、遠方からも患者が訪れる。中には他院で手術をしても治らなかった患者が、本間名誉院長の保存療法だけで痛みから解放されるケースも。腰痛治療において問診の役割は大きい。
 市立札幌病院では外科部長まで務めた整形外科医。現在も他院の整形外科医に対して技術指導をするなど院内外を問わず、高い評価を受けているにもかかわらず、診療は謙虚そのもの。決して偉ぶることなく、親身になって話を聞いてくれる。
「医師がこうすべきだと強く主張すれば、患者はうなずいてしまうものです。患者にとって強い立場にあるからこそ医師は謙虚でなければなりません」
 専門家の立場から最適な治療方法を提案しつつ、患者の治療に対する希望や要望なども踏まえて治療方針を決定するため、患者からの信頼も厚い。

基本データ

企業名:
医療法人社団くわのみ会 桑園整形外科
住所:
札幌市中央区北8条西16丁目28‐30
TEL:
011・633・3636
URL:
http://www.dr-azuma.net