「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > スポーツ > 北海道日本ハムファイターズ

ポーツ情報

北海道日本ハムファイターズ

斉藤こずゑのファイターズじゃないと  
このエントリーをはてなブックマークに追加

有原航平選手(ありはら・こうへい)掲載号:20151114

写真

1992年8月11日、広島県広島市生まれ。AB型。身長189センチ、体重96キロ。右投げ右打ち。広陵高校、早稲田大学卒。2014年ドラフト1位で北海道日本ハムファイターズに入団。最速156キロの速球と多彩な変化球が武器。大学時代からのケガも完治し、ルーキーながら5月からは先発ローテーションの一角を担った。背番号16。

安定感を高めることが来季の課題

ごまかす投球はプロでは通用しない

斉藤 少し古い話になるんですが、昨年11月の札幌時計台での入団会見に行かせていただきました。
有原 本当ですか。その節はどうもありがとうございました。
斉藤 こんなに近くで有原投手にお会いさせていただくのは、それ以来です。あれから1年がたとうとしています。
有原 入団直後は大学時代からのケガの影響で投げられない時期がしばらく続き、時間がたつのも長く感じました。でも、投げられるようになってからは、あっという間というか、早かったですね。
斉藤 春季キャンプは二軍スタートでした。有原投手が投げるときは必ず、栗山(英樹)監督が名護から国頭に視察に来ていましたね。
有原 そうですね。どんなに朝が早いときでも来ていただきました。気にかけてもらって、ありがたかったです。球団からもゆっくり調整していいと言われていたので、焦らずにケガの完治を優先させることができました。
斉藤 5月15日の一軍初登板で、六回2失点でプロ初勝利をあげました。札幌ドームでしたが、ピッチング覚えていますか。
有原 初回から点も取られましたし、とにかく緊張しました。二回以降は落ち着きを少し取り戻すことができ、何とか六回まで投げることができました。
2点リードされたままで降板しましたが、その回にチームが逆転、初登板初勝利をあげることができました。やはり大きな1勝でしたね。
斉藤 ピッチングスタイルなど、プロに入って何か変えたことはありますか。
有原 アマチュア時代は、うまくごまかすではないですが、変化球を適度に投げ、かわすようなピッチングをしたこともありました。
でも、プロはバッターの選球眼がいいので、腕をしっかり振らないと、変化球は見切られてしまいます。かわすピッチングではなく「自分の持っている力を出し切って勝負する」という気持ちの部分が一番変わりましたかね。
斉藤 試合で打たれたら、気持ちの切り替えは上手なほうですか。
有原 そうですね。学生時代から早いほうだと思います。(構成・竹内)

……この続きは本誌財界さっぽろ2015年11月号(10月15日発売)でお楽しみください。

HBCラジオ「ファイターズDEナイト!」は好評放送中です!

→Webでの購入はコチラ

【斉藤こずゑ】ラジオパーソナリティー●札幌市出身、札幌大学女子短期大学部卒、A型、てんびん座●趣味…旅行、ビール、スポーツ観戦、歌舞伎鑑賞、蕎麦屋めぐり、料理、恋愛物以外の読書●苦手なもの…小動物、スイーツ