「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年の決意 トップの本領
ショールームを設置しサービスの拡充を図る掲載号:2019年1月

写真大

澤田 博和氏大洲電気社長

(さわだ・ひろかず)1966年札幌市生まれ。86年より通信工事会社勤務を経て、2009年大洲電気入社。同年社長に就任。

「北海道胆振東部地震で被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。突然の道内全域にわたる停電で、電気の大切さを噛みしめることになる年となりました。また、災害時にどのような対応が重要なのかを勉強しました」 
 18年は主事業の一環である無線LANなどの設置が、年明けから好調を維持。8月には道内民間企業では数少ない「届出電気通信事業者認定」を取得した。これにより、ビジネスフォンの主装置である電話交換機(PBX)の機能の一部をクラウド環境で提供することが可能となった。
「19年は、年末に移転した新事務所の2階に、電話交換機や防犯カメラ、Wi‐Fi、ナースコール、照明器具、通信設備、防災用品などを展示するショールームを設置します。実際に触れていただくことで、お客さまにより良いサービスや提案ができるようになると考えております」

(五十音順)