「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年の決意 トップの本領
瑞宝中綬章授章。北海道開発一筋の半生に勲章掲載号:2019年1月

写真大

本多 満氏一般社団法人 北海道開発政策研究所理事長

(ほんだ・みつる)1948年生まれ。北海道開発庁(現・国土交通省)入庁。札幌開発建設部長、建設部長などを経て、05~07年まで北海道開発局長。08年より北海道開発技術センター理事長、17年より会長。同年北海道開発政策研究所設立。

 半世紀近くを北海道開発行政に捧げてきた。18年、吉報が届く。瑞宝中綬章受章――
「北海道命名150年、国策として北海道開発がスタートしたのも150年前の明治2年、そして平成最後という特別な年の叙勲。感慨深いものがある」。名誉に対しては無頓着だが、叙勲は別だ。
「中綬章は北海道開発局長というポストに対するもの。そして局長になれたのはたくさんの方のご指導、ご支援があったから。個人というよりはみなさんの思いを代表して勲章をいただいた」
 皇居での天皇陛下への拝謁は2列目正面。間近で拝謁し、お言葉をいただいたことで感動が増したという。
 北海道開発政策研究所の会員企業は約60社。多くの企業がその力を求めている。
「元気なうちは北海道発展のために微力ながら尽力したい」。今後も北海道開発の現状と必要性を訴えていく。

(五十音順)