ほっかいどうデータベース

宮田自動車商会

エーミング作業用に約10メートル四方の専用スペースを確保

エーミングなどの専門検査を代行。整備工場を支援

 地場最大手の自動車部品商社。1921年の創業以来、全道のカーディーラーや整備工場、ガソリンスタンド、バス会社、タクシー会社、運送会社などに販路を持つ。
 近年は顧客のサポートに取り組む。多額の設備投資や広い作業スペースが必要とされる検査などを代行する。
 その1つがエーミング作業の請け負いだ。19年に道内の自動車部品商社に先駆けてサービスをスタートした。
 エーミングとは、自動車のセンサーやカメラ類の機能調整のこと。事故や修理などでバンパーやフロントガラスを交換した際などにおこなう。衝突軽減ブレーキ(自動ブレーキ)などの増加に伴い需要が急増している。
 同社では「テクニカルセンター」(札幌市白石区本通17丁目北17番59号)内に、ほぼ全ての国産車に対応できるエーミング専用の機材とスペースを確保。さらに車体やタイヤのゆがみも検知・修正できる「フレーム修正機」と「4輪アライメントテスター」も導入した。複数の機材を活用することで精度の高い検査環境を整えている。 
 このほか「ミニミックス」と呼ばれる自動車塗料の調合機も保有した。130色を調合して9500色以上の塗料を再現できる。廃番や在庫切れの心配がなく、整備工場の負担軽減に貢献している。

フレーム修正機
4輪アライメントテスター
9500色以上の自動車塗料を再現できる「ミニミックス」
営業スタッフが顧客の困りごとに素早く対応する