ほっかいどうデータベース

真嶋内装

屋根リフォームの施工後。得意分野の1つだ

節目の創業25年目。本業を軸に電解水事業へも参入

一般住宅のリフォームや商業施設などの内装工事全般を手掛ける「真嶋内装」。5月には創業25年の節目を迎えた。

得意とする水廻りや外壁・内装工事をメーンに工事件数は年間で100件以上にのぼる。札幌市や近郊を中心にこれまで担った工事は2500件以上だ。
一般住宅から学校、商業施設などの大型内装工事で培った技術力は、各方面から高い評価を得ている。

多岐にわたる事業展開も特徴で、中古車の販売・リース事業や障がい児通所支援事業なども手掛ける。そんな同社が新たに着手したのが電解水事業だ。6月から環境保全機器の開発・製造のテックコーポレーション(本社・広島県)が販売する電解水衛生環境システムの販売代理店として、新事業をスタートさせた。特に企業向けの電解水生成装置「ESS‐25L PREMIUM」は多方面から導入依頼が入るなど、既に評判となっている。

同製品は装置内で水道水に微量の塩を添加して電気分解を起こすことで、大量の酸性電解水とアルカリ電解水を生成。これらは洗浄効果や除菌・消臭効果が高いとされている。薬剤とは異なり塩素臭もなく、人体や環境に優しいのが特徴だ。道内での認知度はまだ低いが、関東・関西圏を中心に病院や介護施設、ホテルなどに導入されている。

真嶋彰社長は「今の時代、手指などの消毒は必須になりました。しかし、アルコール除菌では皮膚荒れなどが懸念されます。そこで電解水の除菌力と消臭力に着目しました」と販売の経緯を話す。

10月27日にはこの電解水生成装置を導入したコインランドリーを札幌市内(東区東苗穂1条3丁目1‐20)に開設予定。もちろん店舗の設計や内装工事は自社で手掛けており、2号店以降の構想も進んでいる。
「本業の内装事業を軸にして需要を先読みしたビジネス展開は今後も変わらない。8月から軽食の移動販売も始めましたが、後々は自社で設計・内装工事をした店舗を構える計画もある。中核事業で培った技術力を多方面に生かし、業容を拡大し続ける」と真嶋社長は先を見据える。

屋根リフォームの施工前
一般住宅のフルリフォームも手掛ける
電解水生成装置を導入したコインランドリーを開設予定