ほっかいどうデータベース

まつしま耳鼻咽喉科・耳鳴・めまいクリニック

松島 純一院長
まつしま・じゅんいち/1976年北海道大学医学部卒業。82年同大大学院博士課程修了。89年オーストラリア・メルボルン大学で人工内耳・難聴・耳鳴りを研究。99年開院。日本耳鼻咽喉科学会認定耳鼻咽喉科専門医。医学博士。

「声の異常」に対して心身医学療法を実践

「かすれ声(嗄声させい)の原因は、風邪や声の使い過ぎばかりではなく、痰を取るための咳払いや寝ている時に胃液が喉に逆流する逆流性食道炎(逆食)、精神的ショックで声が出なくなる機能性音声障害など、意外な原因があります」と語るのは、自ら合唱団に所属し〝唄う耳鼻科医〟として知られる松島純一院長。

発症原因は個々で異なるが、喉に負担がかかって発生する「浮腫み」が共通する点だという。

同院では、点滴を併用して内耳から微弱電流を流し、脳の副交感神経を活発にさせてリラックス状態を引き出す「心身医学療法」で、要因となる浮腫みの治療を行っている。
「この治療は、私が北海道大学で勤務していた時代に、耳鳴り、難聴、めまい治療で当時の旧応用電気研究所と共同開発したものです。血流を改善し、自律神経のバランスを整えるもので、音声障害にもあった治療法です。声に異常があれば相談ください」

札幌市医師会講座で「綺麗な声を出すために」と題して講演