ほっかいどうデータベース

ちば内科・消化器内科

千葉 篤院長
ちば・あつし/1992年旭川医科大学医学部卒業。旭川厚生病院、帯広市立病院、富良野協会病院、市立旭川病院などのセンター病院を経て、2017年4月開業。日本消化器病学会認定消化器病専門医。

わずかな費用で将来の胃がんリスクを減らせる

日本消化器内視鏡学会指導医として数多くの胃カメラ検査や大腸内視鏡検査を行ってきた千葉篤院長。
胃がんや大腸がんの早期発見を目指して検査を実施しているが、千葉院長は「胃がんの疑いがある患者さんは年々減っている印象です。ピロリ菌の除菌で胃がんの発症を予防されている方が増えてきたのかもしれません」と話す。

同院ではピロリ菌の有無を呼気テストで確認し、菌の保有者には除菌薬を処方している。なお、呼気検査のみの場合は保険診療外だが、胃カメラ検査と併用することで保険適用となる。
「3割負担の場合、胃カメラや薬代などすべて合わせても約8000円です。将来の胃がん発症リスクが限りなくゼロに近づくことを考えれば、決して高くはないはず」と千葉院長。

胃カメラ検査は、必要に応じて鎮静剤を使用して実施する。所要時間はわずか4〜5分。新型の経鼻内視鏡を用いて、苦痛を感じるポイントを避けながら検査を進めていく。

胃カメラ検査は不織布マスクに切れ目を入れてカメラを挿入