ほっかいどうデータベース

眼科西坂医院

西坂 紀実利院長
にしざか・きみとし/2001年札幌医科大学卒業。12年5月開院。日本眼科学会認定眼科専門医。

先延ばしにせずリスクを軽減。大切な時間を価値あるものに

「手術に恐怖し、かなり進行してから来られる白内障の患者さんも多い」と西坂紀実利院長。日帰り白内障手術を行う眼科医院が増え、手術がポピュラーになった半面、「いつでもできる」と先延ばしにするケースもあるだろう。

「基本的に白内障手術は安全性が高いのですが、かなり進行した場合や眼の中の組織が傷んでいる場合、身体的負担は増しますし、リスクは高くなります」と話す西坂院長は、北海道大学病院時代やそれ以前から多くの手術を手がけてきた。中でも白内障手術を得意とし、難症例も安定した成果を上げているが、「もっと早く手術していたら」という患者も多いという。
「白内障は徐々に視界がぼやけていくので、『この程度なら』と我慢している方も多いはず。しかし、見え方の質は健康寿命や活動力と密接に関わっているという調査結果も数多くあり、QOLに直結すると言われています。手術は価値ある時間を過ごすための大切な一歩」と西坂院長は訴える。
なお、手術費用は保険が適用となり、高齢者なら2万円程度。検討する余地は大いにあるだろう。また、保険適用外となるが、白内障と老眼を同時に治すことができる多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術も実施。QOLをさらに向上させることも可能だ。

2020年には広角眼底カメラを導入するなど、医療機器の更新頻度も高い。すべては患者のためだ。
「最新の機器や治療法を積極的に取り入れていきたい。緑内障治療ではレーザー照射で眼圧を下げる『SLTレーザー治療』も行っています。点眼薬への依存度が下がるため、薬の副作用に悩まされている方にもお勧めします」と西坂院長。このレーザー治療の正式名称は「隅角光凝固術」。患者が加入する生命保険や医療保険の「手術給付金」の対象となるケースも多い。

先端医療機器をそろえた手術室
親切・丁寧なスタッフが在籍