ほっかいどうデータベース

都市型納骨堂 法輪閣

地下1階の納骨堂「観音堂」

墓参りが日常になる札幌市中心部にある都市型納骨堂

 国道36号沿いにあり、地下鉄3路線のどの最寄り駅からも徒歩8分圏内にある都市型納骨堂「法輪閣」。駐車場も完備され、立地の良さと季節や天候に左右されず思い立ったときに参拝できると利用者が伸びている。

 施設は地下1階地上7階建て。1階の高級感ある吹き抜けのエントランスが心地よい空間を演出し、ロビーと喫茶コーナーでは、ゆっくりと休憩できる。また、施設内は全てがバリアフリー設計で、車椅子でもお参りが可能だ。

 地下1階の納骨堂「観音堂」は、1000基以上もの納骨壇を完備。線香やロウソクなどお参り用の共用具や水場も備えている。入室には完全キーレスの「静脈認証システム」を採用。生体認証による高い防犯性で、安心して利用できる。

 納骨壇は3タイプを用意。骨箱が2つ納められる「二仏用」は永代使用料が50万円、「四仏用」は80万円と100万円だ。

 2〜3世代で利用できる仏壇式の納骨壇(2タイプ)も用意。六仏用が200万円、十仏用が300万円となっている。

 5〜7階には10〜40人まで収容可能な法要・会食場を完備。華道、茶道、書道といった各種教室や落語家を招いた寄席なども定期的に開催している。

 中でも5階の和室「夏月殿」と「秋月殿」には、中庭が隣接しており、風情を感じられるつくりが利用者から人気を集めている。

 会場の利用料金は、3万円(祭壇、生花、供物含む)から。利用日の3カ月前から予約受付をしている。

 現代は核家族化や少子化により、お墓の継承が難しい時代。子や孫に負担をかけたくないといった悩みをはじめ、墓じまい、改葬、永代供養などの相談にも応じている。

「当施設は現代のお墓参りをする人の利便性を考え〝中央区に終の棲家を〟の考えから開設いたしました。ふと故人さまを思い出したときやお出かけ時など、お墓参りを特別な行事ではなく日常にしていただくことを目指しています」と施設関係者。

風情豊かな中庭が臨める和室
開放感のあるロビー
国道36号沿いに立地。駐車場も完備