「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > スポーツ > 北海道日本ハムファイターズ

ポーツ情報

北海道日本ハムファイターズ

斉藤こずゑのファイターズじゃないと  
このエントリーをはてなブックマークに追加

池田剛基氏(いけだ・ごうき)掲載号:20181215

写真

1984年8月5日、札幌市生まれ。AB型。左投げ左打ち。鵡川高校卒。2002年ドラフト7巡目で日本ハムファイターズ入団。北海道移転後初の道産子選手として注目を集める。長距離砲として期待されたが、故障などで、05年シーズン限りで現役引退。その後、ファイターズアカデミーのコーチを務めた。17年球団と足寄町がパートナー協定を締結。それを受け、球団を退職し、今年4月、足寄の教育委員会で任期付き職員に着任。

高校生指導で足寄町を元気に

恩師の言葉は「教え込まないように」

池田 はるばる足寄町までお越しいただき、ありがとうございます。

斉藤 札幌から車で3時間くらいでした。シーズンオフはファイターズOBに話を聞いていきます。池田(剛基)さんは球団を退職し、今年4月から足寄の教育委員会で任期付き職員として働いています。その経緯を教えてください。

池田 ファイターズと足寄町は2017年3月、パートナー協定を結びました。その協定に基づき、人材派遣事業の一環としてということになります。

斉藤 現役引退後はながらくベースボールアカデミーのコーチをしていました。

池田 21歳のときから昨年の33歳まで携わっていました。ファイターズでの現役時代は3年間でしたが、とても濃いものでした。

斉藤 その前の鵡川高校時代も濃かったでしょう?

池田 はい。恩師の佐藤成富先生にいろいろ教わりました。ただ、先生が言っていた通り、野球の技術論はあまり覚えていなくて。

斉藤 え!?そうなんですか?

池田 佐藤先生からは「人間がぴしっとしていないと、生活がきちんとできていないと、技術は身につかないし、野球はうまくならないんだぞ」と、いつも言われていました。いま振り返っても、高校時代が人としての土台になっていると感じています。

斉藤 現在は教育委員会で生涯学習室主査として働く一方で、足寄高校野球部の指導もしています。野球部は何人いるんですか?

池田 7人です。大会のときは、よその部から助っ人を借りてきているというのが現状です。

斉藤 それでも、指導するようになって、実力が上がっているようですね。

池田 少しずつではありますが、教えたいことが伝わってきているという実感はあります。将来的に、チームが全道大会に行った、あわよくば甲子園に行った、何なら教え子がプロ野球選手になったとか――そういうことを見据えてやっていきたいと思っています。

斉藤 夢は広がりますね。

池田 どれも可能性がありますからね!

斉藤 高校生への指導は初めてだと思いますが、これまでアカデミーのコーチとして、小学生、中学生を中心に担当していました。あらゆる年代の子を指導していますね。

池田 指導方針については、恩師の佐藤先生からアカデミーの仕事に就く前に、「お前ぐらいの者が、熱心になって教えれば教えるほど、お前ぐらいの選手にしか育たない。だから、何でもかんでも、とにかく教えればいいというものではない」と言われたのが、いまも頭に残っています。

(構成・竹内)

……この続きは本誌財界さっぽろ2018年12月号(11月15日発売)でお楽しみください。

HBCラジオ「ファイターズDEナイト!」は好評放送中です!

→Webでの購入はコチラ
→デジタル版の購入はコチラ

【斉藤こずゑ】ラジオパーソナリティー●札幌市出身、札幌大学女子短期大学部卒、A型、てんびん座●趣味…旅行、ビール、スポーツ観戦、歌舞伎鑑賞、蕎麦屋めぐり、料理、恋愛物以外の読書●苦手なもの…小動物、スイーツ