ほっかいどうデータベース

Career Bridge

真新しいオフィス

賃貸管理業務で業務を拡大。6月に本社を移転

賃貸アパート・マンションの管理業務を主事業とする「Career Bridge」。2019年設立の新興企業だが、順調に業務を拡大。管理物件の入居率を維持・向上させる多様な空室対策でオーナーからの信頼を獲得し、管理戸数は約2000戸に迫る。

スタッフの増員などもあり、オフィスが手狭になったことから6月に本社を移転した。
古川和則社長は「6月で会社設立から丸3年がたちました。顧客である賃貸オーナー様をはじめ、入居者様や取引先各社、協力会社様のおかげです。今後も社員一丸となって、業務にまい進します」と話す。

管理スタッフのさらなる増員も図っている。
「1人の担当者が抱える量には限界があります。担当物件が増えれば行き届いた管理が難しくなり、入居率の低下にもつながりかねません。質の高い管理で入居者満足を高めていくことが、オーナー満足につながります。そのためにも人員を増やし、管理体制をブラッシュアップさせていきたい」と古川社長。

古川和則社長