ほっかいどうデータベース

ジェネシス

6月に納車された大型冷凍車

業績は好調を維持。新拠点の設立や新分野への参入も控える

昨年の住宅建材の年間輸送量が2700トンを超え、道内トップシェアをひた走る「ジェネシス」。大手輸入ハウスメーカーの道内輸送を100%担うなど、荷主からの信頼も厚い。暗渠あんきょ排水管など農業用パイプの輸送でも道内シェアトップと、確固たる地位を築く総合物流企業だ。

業績は堅調に推移し、創業以来右肩上がりが続く。中核を担う住宅建材輸送に加え、家具や生活雑貨の輸送も増加。売上は前期比で122%と伸長した。

さらに、今期は昨今のサウナブームでコンテナサウナの輸送が急増するなど、増収増益を見込んでいる。

こうした目覚ましい躍進には要因がある。特定のジャンルに依存せず多様な輸送物を扱っているためだ。

例えば、新型コロナウイルス感染拡大後は、巣ごもり需要を見据えて雑貨や飲料の輸送に乗り出した。「激しく変化する社会ニーズに対応するため、荷物の分散化は必須。これが当社の〝基柱〟です。建材のほか、精密機械や音楽イベント用機材、食品に至るまで広範なジャンルを担っています」と法島直人社長。このため日本全国に顧客を持ち、エリアは国内全域をカバーしている。

現在は北関東と中部エリアへの新拠点の設立計画も進行中だ。新拠点開設で、機動力をもう一段ギアアップする。また、年内にも札幌市内の同業2社をM&Aする予定もあり、物流ネットワークの構築にも余念がない。

加えて、新たに賃貸ガレージ事業への参入も視野に入れている。「高級輸入車のオーナーなどから、例えば冬期間にマイカーを保管してほしいという依頼が多い。道内で賃貸ガレージを手掛けている企業は少ない」と法島社長。輸入車ディーラーとタッグを組み道内各地で展開していく計画だ。

法島社長は「常に新たなことに挑戦していく。社会のニーズ、要請に常に敏感であり続ける」と先を見据えて話す。
今後も業界に新風を吹き込んでいく。

大型冷凍車車両側面には同社のロゴが入る
法島直人社長