ほっかいどうデータベース

桑園整形外科

東 裕隆理事長院長
あずま・ひろたか/1992年北海道大学医学部卒業後、市立札幌病院救急部勤務。93年北大医学部整形外科入局。2000年カルガリー大学(カナダ)留学。03年市立札幌病院整形外科副医長を経て、07年開院。11年医療法人社団くわのみ会を設立し理事長・院長に就任。日本整形外科学会認定整形外科専門医。

抜糸も不要な低侵襲手術で、慢性的なひざの痛みを改善

「新型コロナとの戦いは長期戦になるでしょう。患者さんが怖がらずに来院し、治療を受けられる環境を整備しました」と語るのは、桑園整形外科の東裕隆理事長。具体的な感染症対策については127㌻の本間信吾名誉院長の記事で後述するが、徹底している。

同院の造りそのものも感染症対策に適している。

「診察も入院もプライバシーを大事にしたいという思いから個室にしています。これがコロナ禍で役立っています」

診察室は奥だけがつながっている半個室になっており、入院病床に至っては19床すべてが1人部屋の個室。これは非常に珍しく、広い土地と建物を持ち、患者の快適性に配慮する同院だからこそだ。

また、トイレの数を増やし、食事は豪華にするなど入院期間を快適に過ごすための配慮をしている。

東理事長の専門分野は「変形性膝関節症」。クッションの役割を果たす膝関節の軟骨がすり減り、ひざの痛みを誘発する疾患だ。東理事長は保存治療、人工膝関節置換術、さらには再生医療とさまざまな手段を講じて治療してきた。

第1の選択肢は保存治療。リハビリや湿布、ヒアルロン酸注射で痛みが緩和できる患者が多い。これでも痛みが取れない場合に限り、第2の選択肢である人工膝関節置換術という手術に踏み切る。

同院では開院以来、約2690例(2020年12月末日現在)の「人工膝関節置換術」を実施。20年の1年間だけでも206例実施している。

東理事長の術式は「MIS(最少侵襲手術)」。小さな切開で済み、患者の身体的負担が軽いのが特長だ。そのうえ、東理事長ならばさらに小さく、従来の3分の1程度である5〜8㌢の切開で実施できる。靱帯など健康な筋組織への影響も少なく、傷痕も小さい。入院期間も最長2週間程度と短く、抜糸も不要。短期間で自宅に帰ることができるのはコロナ禍ではとりわけ魅力だ。

全国に2カ所しかない人工膝関節研修施設にも指定されていることからもその実力はうかがい知れる。

第3の選択肢は「再生医療」。自身の血液から有効成分を抽出し、患部に注射をするもの。自然治癒力を利用した新しい治療法で、実施できる医療機関はごく一部だけだ。

「自由診療になりますが、保存医療では痛みが取れず、手術も避けたいという患者さんにおすすめです」と東理事長は説明する。

ホテルライクな病室は全室個室。2人部屋にもできる広さだ