「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 藤田・荒木法律事務所

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

藤田・荒木法律事務所
取材日:2017年10月

写真 藤田 美津夫 ふじた・みつお/1976年北海道大学法学部卒業。78年弁護士登録。82年藤田法律事務所開設。2006年藤田・荒木法律事務所に改称。札幌弁護士会会長、北海道弁護士会連合会理事長、日本弁護士連合会副会長を歴任。日本民事訴訟法学会、日本労働法学会所属。

歴史に残る裁判を数々担当。相談しやすい環境を整備

 藤田美津夫弁護士は、過去に北海道の歴史に残る数々の裁判を担当。「北炭夕張新炭鉱ガス突出事故」による損害賠償訴訟では、炭鉱側の弁護人に加わったほか「北海タイムス社」や「北星ハイヤー」の破産管財人としても活躍した。
 また、北海道労働委員会の公益委員を8年間務めたほか、交通事故紛争処理センター審査員、家庭裁判所の調停委員にも長年従事。こうした経験が通常業務に生かされている。
「藤田・荒木法律事務所」は前身を含め今年で開設35年目。4人の弁護士で企業法務から医療事故、交通事故まで幅広い案件を手がけている。
 中でも得意としているのは企業側に立った民事事件や労使紛争、損害賠償請求などで、裁判所から破産管財人の選任を受けることも多い。
 最近では自治体からの依頼を受けることも増え、行政訴訟を数多く担当。行政処分の取り消しや損害賠償請求への対応など、幅広い事案に取り組んでいる。
「紛争は早期対応で、時間とコストを最小限に抑えることができます。そのため、当事務所では料金設定を明瞭にし、相談しやすい環境を整備しています」と話す藤田弁護士。

基本データ

企業名:
藤田・荒木法律事務所
住所:
札幌市中央区南2条西10丁目 第2サントービル4階
TEL:
011・271・6046
士業