「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 日々刻々

々刻々

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/10/20(火) 「あがり症克服協会」が北海道で初講座

  

 人前で話すときに緊張して声や手足の震えが止まらなくなる。いわゆる「あがり症」を克服するための集中講座が10月25日、札幌市内で開かれる。

 主催はその名もズバリ「一般社団法人あがり症克服協会」。今回、講師を務める豊隅文子氏もあがり症に約40年間悩まされてきたという。受講者の気持ちに寄り添う指導をおこなっている。これまで、経営者や医者など、人前で話すことが避けられない職業や立場の人も指導してきた。

 今回の講義内容は克服へのステップの明確化。あがらない体づくり、スピーチ実践などをレクチャーする。豊隅氏は「約3時間の集中講座ですが、受ける前と終わったとの違いは必ず感じられます。1人で悩まないで、あきらめずにあがり症を一緒に克服しましょう」と呼びかける。
受講料などの詳細はあがり症克服協会ホームページを参照していただきたい。(松田)

=写真=あがり症克服協会認定講師の豊隅文子氏