「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 日々刻々

々刻々

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/12/27(火) 札幌大学 田原隆徳選手がレバンガ北海道と特別指定選手契約を締結

  

「まだスタートラインに立ったばかり。今後、プロ契約を目指してBリーグで優勝したい。粘り強く頑張ります」と札幌大学(桑原真人学長)バスケットボール部に所属する田原隆徳選手は力強く語った。

田原選手は法学専攻の4年生。年明けには卒業を控える中、数々の好成績が評価され、11月にレバンガ北海道から〝特別指定選手〟の声が掛かった。特別指定選手とは、満22歳以下の選手を対象に、育成や強化につなげることを目的とするもの。12月22日、北海きたえーるで契約締結。チームを運営するバスケットボールクラブ(本社・札幌市)の代表兼選手を務める折茂武彦氏らとともに記者会見にのぞんだ。折茂氏は「失敗を恐れずに、思いきりプレイしてほしい。今後も北海道の選手を大切にしていきたい」と語った。

田原選手の加入を記念して、12月30日と31日に実施される「レバンガ北海道vs琉球ゴールデンキングス」の試合が、大学生を対象に〝田原割〟で500円になることを発表。試合に向けて田原選手は「どれだけ出場できるかわからないが、今年の締めに向けてしっかり準備し、良い勝負をしたい」と意気込んでいる。(後藤)

「レバンガ北海道vs琉球ゴールデンキングス」
実施日/12月30日(開場17時、開始19時)
12月31日(開場12時、開始15時)
場所/北海きたえーる
※大学生は身分証提示で、当日券価格が500円
※両日、先着3000人にオリジナルTシャツプレゼント

=写真=左から、レバンガ北海道の運営会社「バスケットボールクラブ」の折茂武彦社長、田原隆徳選手、レバンガ北海道チーム統括兼通訳の清永貴彦氏