「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 日々刻々

々刻々

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/07/14(火) コンサ・榊翔太が日本代表・本田圭祐の所有チームに移籍

  

 サッカーJ2・コンサドーレ札幌所属のFW榊翔太が、日本代表の大黒柱からの期待を受け、欧州へ旅立つ。

 榊は1993年8月3日、十勝管内清水町生まれ。身長163センチ・体重57キロ。清水中学校卒業後、コンサドーレ札幌U―18に加入。2011年10月8日にユース所属ながら公式戦に初出場で初得点を記録し、12年からトップチームに昇格していた。これまでに公式戦通算40試合に出場し6得点をあげている。

 榊が移籍するのは、オーストリア3部リーグに所属する「SVホルン」。同チームは1922年に創設され、近年では2008~09年シーズンにオーストリア国内のカップタイトルを獲得。12年には2部へ昇格を果たした。だが14~15年シーズンに再び3部へ逆戻りしていた。

 今年6月9日に、サッカー日本代表・本田圭祐が自身のマネジメント事務所を通じて同チームへ経営参入を発表。本田は兼ねてから欧州トップチームの保有を目指しており、外国人枠の制限や欧州チャンピオンズリーグ出場枠などの面で有利な、オーストリアに注目していたという。

 経営参入に合わせた先月14日からは、日本の選手を対象にしたトライアウト(加入試験)を実施。1次選考をパスした榊は、28日からおこなわれていた本試験にも合格し、今回の発表となった。

 榊は移籍に際して「ユースからの約6年半コンサにお世話になり、またシーズン中にチームを離れることに非常に悩みました。自分がもっと成長したいという気持ちでトライアウトに参加してきました」とコメント。

 その上で「関係者やかかわってくれた人たちに感謝を忘れず、成長し活躍する姿で恩返しできればと思います」と決意を語った。

 なお新天地での背番号は4に決定。4番は日本代表で本田が背負う番号でもあり、期待度の高さを物語っている。(清水)

※コンサの素顔連載時の記事は当サイト内の以下のページからお読みいただけます。
http://www.zaikaisapporo.co.jp/sports_consa/%E6%A6%8A%E3%80%80%E7%BF%94%E5%A4%AA

=写真=本誌連載「コンサの素顔」インタビューであどけない表情を見せる榊翔太(2012年8月本誌撮影)