「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 今月の穴場
写真

月の穴場

斎藤 豊
昭和3年11月江別生まれ 自転車にテントを積み込み、北海道の全沿岸2,400キロを自給自足で9年間釣り歩く。 NHKをはじめ各民放テレビ・ラジオに出演。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月号 

 アブラコだ!カジカだ!と飛び回っているうちに、今度は日本海側に岸寄りするホッケが気になりだしてきた。何せ、釣れるホッケは30~40センチと大ぶりで、ほとんどが産卵前の重量感たっぷりの抱卵ボッケ。それが小半日もねばれば軽く50の大台は突破するのだから、一度はまるとなかなか手が止まらない。
 道央圏からはチと遠いが、このホッケ、昨年は11月半ばごろから島牧、せたな方面で釣れだしており、水温次第では今年も12月を待たずに岸寄りしだす。型物を狙うならコマセネット仕様の夜の投げ釣り、ときにはカジカもくるし良型ソイやガヤもくる。数を釣るならコマセをまいてのウキ釣りがよい。
 人気あるホッケ釣り場と言えば、寿都町では政泊漁港を中心とした左右平盤、島牧村ではシマロッペ岩礁帯や第二栄浜漁港の左岩場など。だが意外と知られていないのが狩場トンネル下の岩礁帯だ。
 釣り場へ出るには寿都側トンネル入り口から旧国道沿いの階段を利用する。好ポイントはほぼ中央の張り出し大岩。シマロッペと違って岩場はやや平たんで、潮だまりさえ気をつければ歩くのにはさほど苦にならない。しかも風向き次第で左右どちらへでもさおを出せるから好都合だ。
 昨年12月初めのウキ釣りで、この岩場で入れ食いにあったのは正午近くから午後4時ごろまで。釣れてくるのはどれも35~40センチ超えの抱卵赤ボッケ。餌はサンマや沖アミ、ホッケの短冊などを使用した。