「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 遺愛女子中学校・高等学校

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

遺愛女子中学校・高等学校
取材日:2017年5月

写真大 創基143年目を迎える名門女子校

写真 福島基輝校長 写真 毎朝祈りをささげる礼拝堂

自己肯定感を高めて社会へ。女子生徒の人間形成に尽力

 1874年に創基された道内で最も伝統のある女子校。プロテスタント系ミッションスクールとして豊かな人間形成を図り、生徒の優しく素直な心を育む。
福島基輝校長は「自己肯定感が低くなりがちな思春期に、『ありのままの自分』を受け入れやすいのが女子校。入学前は生徒の約70%が女子校に何らかの抵抗感をもっていますが、卒業時には96%以上の生徒が『女子校で良かった』と答えてくれています」と語る。
 部活動では、体育系の大半が全道大会に出場。また、128人という全道一の部員数を誇る吹奏楽局は、昨年、横浜の全国大会で準グランプリを受賞。シード権を獲得し、今年の横浜大会への出場も決めている。
 進学実績も高く、東京大学や京都大学、北海道大学をはじめ、早稲田、慶応義塾、上智、ICUなどの有名私大にも毎年多くの生徒が進学。国公立大学医学部への進学も多い。
 また、重要文化財に指定されている築109年の本校舎は、今春に全国公開された映画「PとJK」の舞台となった。 

基本データ

企業名:
遺愛女子中学校・高等学校
住所:
函館市杉並町23‐11
TEL:
0138・51・0418
URL:
http://www.iaijoshi-h.ed.jp/
教育:中高一貫教育