「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 時計台記念病院

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

時計台記念病院
取材日:2016年7月

写真大 北1条通沿いに建つ時計台記念病院。専門外来も充実している

写真 本田耕一院長 写真 青木貴徳外科・腫瘍治療センター長 写真 ラジオ波焼灼術のほか、さまざまな治療法を駆使

4月に外科・腫瘍治療センター開設。肝胆膵で横断的チーム医療を展開

 2008年、きわめて公共性の高い医療法人に認められる「社会医療法人」に、全国で初めて認定されたカレスサッポロ(大城辰美理事長)。救急医療、へき地医療へ取り組むとともに、都市地区における差別化した急性期医療を提供している。
 札幌市内に2病院(時計台記念病院、北光記念病院)、2診療所(北光記念クリニック・時計台記念クリニック)のほか、介護老人保健施設「けあ・ばんけい」、在宅医療福祉支援センター(訪問看護ステーション、ホームヘルパーステーション等)などを展開。15年6月には看護師主体のクリニカルシミュレーションセンターを開設。臨床技能教育を効果的におこなっている。
 また、加速する高齢化社会の進展に向けて、クリニック併設のホスピス・認知症・重度介護に対応した「カレスプレミアムガーデン」(50室)を16年9月に開設する予定。厚生労働省が目指す「地域包括ケア」の拠点施設とする。
 同法人の中核を担う時計台記念病院(本田耕一院長)は、内科、循環器内科、形成外科、婦人科、消化器内科など16の診療科を標榜。さらにエキスパートが牽引する、専門領域に特化した13のセンターを展開している。
 本田院長がセンター長を務める「形成外科・創傷治療センター」は、手術件数や火傷の治療件数で道内トップの実績を誇る。
 その他、重症下肢虚血に対するカテーテル治療の世界的権威である浦澤一史副院長が所属する「循環器センター」(佐藤勝彦センター長)、消化器疾患の診断から外科手術治療まで対応する「消化器センター」(長岡康裕センター長)、糖尿病網膜症、網膜剥離、黄斑疾患といった網膜硝子体疾患を重視する「眼科・網膜硝子体センター」(古館直樹センター長)、悪性疾患、骨盤臓器脱など女性特有の疾患を扱う「女性総合診療センター」(藤井美穂センター長)などを展開。これらの各センターが横断的に連携しているのが特徴で科目を超えたチーム医療が提供されている。

【多様な治療法で対処する希少なセンター】
 今年4月には13番目のセンターとして消化器センター内に「外科・腫瘍治療センター」が開設された。センター長の青木貴徳医師をはじめ鈴木茂貴医師、小池能宣医師の3人が所属する。
 消化器疾患(食道、胃、小腸、大腸の消化管および肝胆膵のあらゆる外科疾患)を中心に乳腺や甲状腺腫瘍、鼠径ヘルニア、下肢静脈瘤などの良性疾患の手術治療に加え、消化器、乳腺悪性腫瘍に対する抗がん剤治療など、その治療範囲は広範だ。
 これほどまで幅広い疾患に対応できる要因は、15年4月に同院に赴任するまでの青木センター長の経歴にある。
 1991年に自治医科大学医学部を卒業。旭川医科大学病院、旭川厚生病院などで勤務した後、利尻島国保中央病院や遠軽厚生病院などに勤務。地方の病院であらゆる症例と患者に実践的に対峙してきた経験が生かされているからだ。
 なかでも青木センター長が専門としているのが難治性といわれる肝・胆・膵がんだ。 
 例えば肝臓がんの治療では「ラジオ波焼灼術」を用いる。これは450キロヘルツ前後の高周波により熱を発生した針を肝臓に刺し、腫瘍を焼く術法。体への負担と合併症リスクが少ないとされ、肝臓がんの標準的治療法だ。
 また「IVR」(インターベンショナルラジオロジー)による治療経験も豊富。レントゲンやCT、超音波などの画像診断装置で体の中を見ながら、カテーテルや針、放射線などを用いる治療法だ。
「これらの治療法より手術が適切な症例では肝切除手術を実施します。消化器内科との連携で抗がん剤治療もおこなうなど、病巣の進行具合や患者さんの状態に応じてさまざまなオプションに対応する体制が構築されています」と青木センター長。
 診断から治療までほぼすべてをカバーする医療機関は道内でも希少といえる。
 また、乳がんには、一般的な超音波機器やマンモグラフィのほかに乳腺用MRIを用いた精密な診断を実施。検査は女性技士が対応するため、女性患者には安心できる環境。周辺オフィス街の検診にも対応している。
 一方、女性に多い直腸脱については女性総合診療センターと連携。腹腔鏡手術のほか、直接粘膜を切除して筋層を縫合、約筋を再生させる「デロルメ手術」もおこなう。
 下肢静脈瘤には一般的なストリッピング術のほか、レーザーや高周波治療器による硬分療法も今秋には導入される予定。併発することが多い皮膚障害にも対応する。
 青木センター長は「われわれのほか、消化器内科と緩和ケアセンターで構築される消化器センターの医師全員によるカンファレンスを毎週実施。患者さんの状態を全員が共有し、治療法を検討する体制を敷いています」と強調。質の高いチーム医療が提供されている証左といえる。

●診療科目
内科、循環器内科、形成外科、眼科、婦人科、リハビリテーション科、消化器内科、外科、脳神経外科、糖尿病内科、腎臓内科、リウマチ科、緩和ケア内科、放射線科、麻酔科、血管外科

●受付時間
月〜金 8:30〜12:00
     12:00〜16:30
土曜 8:30〜12:00

●休診日
日曜・祝日・土曜午後(救急は24時間診察)

基本データ

企業名:
社会医療法人社団カレスサッポロ 時計台記念病院
住所:
札幌市中央区北1条東1丁目
TEL:
011・251・1221
URL:
http://www.tokeidaihosp.or.jp