「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 千歳科学技術大学

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

千歳科学技術大学
取材日:2017年5月

写真大 川瀬正明学長(かわせ・まさあき)北海道大学工学部電気工学科卒業。同大大学院工学研究科学位(博士)取得。1972年日本電信電話公社入社。技術協力センター所長などを経て、99年千歳科学技術大学教授に就任。大学院光科学研究科長、総合光科学部学部長を経て、2010年4月学長に就任。07年紫綬褒章受章。

写真 豊かな自然に囲まれたキャンパスは、札幌ドーム5つ分の27万平方メートルの敷地

公立化控え教育体制を充実 優秀な人材の育成・輩出を

 ――公立化へ向けての動きがありますね。
 川瀬 本学はもともと千歳市が設立時の財政面の中心となった、いわゆる公設民営型の私立大学です。公立化とは設置形態が自治体の設立する公立大学法人となることです。本学が将来を見据えて大学改革を推進していくには、公立大学法人への移行が新たな役割を担うのにふさわしいと考えたのです。これまでで公設民営大学から公立大学法人への移行事例としては、高知工科大学、長岡造形大学、名桜大学など全国で6大学の実績があります。
 ――公立化でのメリットは。
 川瀬 認可されると経費が国からの地方交付金で手当てされますので、まずは経営母体の安定化につながります。その結果、授業料が半額程度となり、学生の負担が大幅に軽減されます。
 また、安定化によって大学の教育・研究体制を充実させて優秀な人材を確保し、さらなる社会貢献も実現できると考えています。公立化後2、3年をめどに学部・大学院の強化を図り、それをベースに新しい教育体制を構築することを考えています。
 ――具体的な時期などは。
 川瀬 昨年末、千歳市に公立大学法人化の検討に関する要望書を提出いたしました。市では現在、有識者会議を開いて審議中です。市が設立団体となるためには千歳市議会の承認が必要ですが、見通しとしては来年度中には北海道から認可されることを期待しています。
 ――入試制度に変化は。
 川瀬 当面、本学側には大きく変わる点はありません。従来通り一般学力入試と推薦入試を中心に、偏差値にはこだわらず受験できる体験型入試やセンター試験利用入試を実施します。ただ、公立化によるブランドアップと入学者の負担軽減がありますので、受験生の対応に変化が予想されます。
 ――15年からは道内唯一の理工学部がスタートしました。
 川瀬 基礎から実用技術まで理学と工学が横断的に融合する教育体制です。これによって総合的・複眼的に考えられる能力を高め、柔軟な発想力を備える人材育成を目指しています。
 また、文部科学省補助事業による質保証に応える教育システムの確立を目指し、ICT活用教育環境をはじめとして全学的な授業改善に取り組んでいます。
 ――地域社会に貢献する度合いも高まっています。
 川瀬 公設民営の大学としては当然のことで、地域の活力を向上させる使命があります。最近は市内のバス運行状況をスマートフォンなどで確認できるバスロケーションシステム「ち~なび」を開発し、試験運用を始めています。これはバスの位置情報によって遅延状況が確認できるもので、市内運行の3社のバス情報をまとめてカバーできるのが特徴です。本格運用になれば、バス利用者の増加にもつながると期待されています。
 また、千歳市は農業も主産業の1つですが、野菜栽培に欠かせない水や肥料の状態を自動検知したり、作物の高度な品質管理システムの検討により、生産物のブランド化から地域活性化に結び付くとの期待が高まっています。 
 ――医療面でも画期的な技術開発がありました。
 川瀬 医用工学の研究分野ですね。胃がんの転移症状をレーザーで確認し、手術が必要な範囲を特定する診断システムです。転移がなければ、がんの部分だけを腹腔鏡で摘出するだけで済みます。患者の心身的負担を軽減し、医療費の抑制にもつながります。すでに特許を取得しており、装置製造企業と実用化に向けた製品開発を進めています。
 ――就職に強いという社会評価もあります。
 川瀬 17年3月の卒業生については就職率99・3%と高い実績になりました。開学以来常に90%以上を維持しております。1年次からキャリアについて理解を深めるようキャリアセンターを中心にサポート体制を整えています。3、4年次ともなると卒業生も全国から支援に参加し、企業研究セミナーや就職試験対応トレーニングによって希望する進路を目指す体制となります。
 また、14年から卒業生を出している教職課程は、中・高教諭の一種免許の取得が可能で、これまでに10人が正規採用となっています。さらに大学院への進学などを含む進路決定率は95・4%となっています。
 ――高大連携をはじめ、小中学校との協力関係も貴学の特色です。
 川瀬 全道55高校との連携はeラーニングの普及に一定の役割を果たしており、連携から〝接続〟への色合いも強まっています。さらに地域の小中学校や幼児教育の場でも理科、科学の面白さを理解させる実践的な教育活動を続けており、「科学の世界で新しいことに挑戦したい」という人材の育成につながっていくものと思っています。 

基本データ

企業名:
千歳科学技術大学
住所:
千歳市美々758番地65
TEL:
0123・27・6011(入試課直通)
URL:
https://www.chitose.ac.jp/
教育:大学