「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > アップル歯科 

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

アップル歯科 
取材日:2016年2月

写真大 望月俊男院長 もちづき・としお/1987年北海道大学歯学部卒業。北大歯学部歯科矯正学講座入局。93年にアップル歯科を開院。日本歯科審美学会会員。日本口腔インプラント学会、ドライマウス研究会、抗加齢歯科医学研究会、各会員。

写真 平日は午後8時まで、土日は午後5時まで診療 写真 ガラス張りの滅菌ルーム。患者も滅菌の様子が見れる 写真 カウンセリングルーム 写真 最新の歯科用CT

移転に伴いハード面を増強 老若男女にやさしい医院に

”かたよらない診療” で患者にベストな治療を提案する望月俊男院長。一般診療のほか、審美、補綴、義歯、矯正、インプラント、歯周病治療など幅広く診療し、子どもから高齢者まで1日100人以上の患者が訪れている。
 スタッフは全35人。常時5人以上の歯科医が治療にあたっている。その陣頭指揮を執る望月院長は、長年の経験により歯科のあらゆる分野を熟知。知識・技術・経験の三拍子そろったオールラウンダーといえる。 
 最先端治療にも積極的で、義歯治療では次世代の義歯とも呼ばれる「MTコネクター」を推奨。歯が1本でも残っていれば装着可能で、0・35ミリの超極薄金属プレートで歯茎に直接フィットさせる。江別市内では他院に先駆けて取り入れており、実績も豊富だ。
 歯周病については、位相差顕微鏡を用いた歯周内科治療をはじめ、進行具合によって最新の免疫療法「パーフェクトペリオシステム」を併用。白血球と同じ殺菌成分を持つ口腔機能水で歯周病菌を溶菌する。カビ対策には歯科医院専用カビ取り歯磨き剤も用いる。
 インフォームドコンセントにも力を注ぎ、iPadなどを用いて丁寧に説明。歯の状態や治療の進行具合がわかる「お口の健康手帳」も配布しており、地域住民からの信頼も厚い。
 2016年2月8日には、JR野幌駅北口真正面に移転リニューアルし、より患者の利便性が高まった。
 院内は1階が通常診療で、2階が自由診療などを実施する予約患者専用となっており、計10台のユニットを設置。そのほか、ワイヤレスの小型半導体レーザーや歯科用3D―CT、位相差顕微鏡、ガス滅菌器、ハイテク電動注射器といった最先端医療機器をそろえた。
 さらに、エレベーターも設置されており、高齢や体の不自由な患者にもやさしいつくり。女性患者専用トイレやパウダールーム、ブラッシングルームなど細やかな配慮も行き届いている。なお、これまで通り駐車場は24台分確保している。

基本データ

企業名:
アップル歯科
住所:
江別市野幌町50-20
TEL:
011・385・8822
URL:
http://www.apple-dent.com