「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > すまいる歯科

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

すまいる歯科
取材日:2018年2月

写真大 阿部 祐一院長 あべ・ゆういち/1980年日本歯科大学卒業。84年米国USC及びペンシルベニア大学歯学部補綴課程修了。米国USCクリニック、都内大学病院、国際デンタルアカデミーなどで研鑽を積んだ後、2008年開院。日本補綴学会、米国歯周病学会など多数の学会に所属。医学博士。

写真 THPには欠かせない歯科衛生士たちも自己研鑽を怠らない

高度な治療で歯周病菌を根治歯の健康寿命延伸に貢献

 歯周病が進行すると歯を支える土台である歯槽骨が溶けていく。歯はぐらつきはじめ、やがて抜け落ちてしまう。インプラントや義歯も土台がしっかりしていなければ長持ちしない。歯周病治療は歯科治療の第一歩だ。
 この歯周病治療で名を馳せるのが、阿部祐一院長。
 歯周病菌が少ないケースは保険適用のクリーニングで治療できるが、問題は菌が多いケース。阿部院長は、自費のTHP(トータルヘルスプログラム)で、難しいと言われる歯周病の根治を実現させた。
 THPは個々が持つ歯周病菌を特定し、殺菌力および骨の再生力がある機能水とプロバイオティクスで歯周病菌を根絶する治療法。治療回数は平均6~8回と短く、再感染しても数カ月以内なら自宅のケアだけで再度除菌可能。家庭でのケアと3カ月ごとの予防メンテナンスで健康な口腔内を維持できる。
「30代の約8割が歯周病です。痛みがないため、患者さん自身では気付きにくい。定期検診で口腔内の状態を知り、早い段階でケアするのがベストです。長寿化が進んでいます。口腔内をリセットし、歯の健康寿命も延ばしてください」と呼びかける。

基本データ

企業名:
医療法人 ハートフル会 すまいる歯科
住所:
札幌市中央区北4条東2丁目8‐2 マルイト北4条ビル2階
TEL:
011・242・1182
URL:
http://perio.sapporoshika.com/