「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 最新号のさわり

新号のさわりを読む最新号のさわり

このエントリーをはてなブックマークに追加

道の補助金6000万円詐欺事件 政界汚職に発展か口利きした「バッジ」は誰だ!

3月に公になった補助金詐欺事件が新展開を見せている。7月の公判で、証人の口から政治家の関与が飛び出したのだ。しかも、金融機関からの融資など、被告らにとって重要な場面にかかわっていた可能性が高い。その政治家とは誰なのか。ある議員の名前が取り沙汰されている中、地検の動向に関する興味深い情報が……

HBCラジオ、エフエム北海道に出演 人気パーソナリティーに3700万円“金銭トラブル”

道内ラジオ各局に出演する「DJテツヤ」こと竹田哲也氏は、広告代理店社長の顔も持つ。その会社の資金、運営をめぐってトラブルが発生中だ。対立相手は竹田氏を相手取り、法的な手続きに着手。まさに泥沼の様相を呈している。ラジオでは決して放送されないトラブルの全容をスクープ。竹田氏にも直撃し、インタビューを掲載した。

新トップに聞く(札幌丸井三越、北海道中央バス、ベル食品、札幌観光協会、苫東)

今年の役員改選で就任したトップに直撃インタビュー。札幌丸井三越の栗原憲二社長、北海道中央バスの二階堂恭仁社長、ベル食品の福山浩司社長、札幌観光協会の柴田龍二会長、苫東の伊藤邦宏社長が登場した。新トップたちは、業界が抱える課題や新たな運営方針などについて語った。

連載最終回 いま旨い店 いまも旨い店 〈ポテトサラダ〉

約3年間、食専門のライター・小西由稀さんが連載を続けてきた「いま旨い店 いまも旨い店」がリニューアルスタートのため、のれんを下ろす。締めのテーマはポテトサラダ。なんの変哲のないお手軽料理と侮るなかれ。地域ごと、店ごとに驚くほど、バリエーションが豊富。最終回スペシャルはカラー4ページにわたり、札幌市内中央区の10店のオリジナルポテサラを紹介した。10月号から始まる小西さんの次の連載もお楽しみに。

追悼・流政之、北海道を愛したサムライ・アーティスト

世界的な彫刻家で、晩年は愛する北海道に居を構えていた流政之氏が旅立った。享年95歳。北海道との縁が深まる契機となった奥尻島を始め、札幌、赤平など各地に作品が展示されている。1960~70年代はアメリカで活躍。かの地で「サムライ・アーティスト」という異名をとった。流氏と親しく付き合っていた人に聞くと、著名な芸術家の意外な素顔が浮かび上がってくる。

カラー特集・コンサドーレ、未体験ゾーンへ突入せよ!“超攻撃的”対談3本立て

開幕前、ここまでの快進撃を予想していただろうか。北海道コンサドーレ札幌はJ1リーグ第19節を終えた時点で4位。3位以内が条件のアジア・チャンピオンズリーグ出場権獲得もあり得る。“未体験ゾーン”で奮戦する選手たちから宮澤裕樹×駒井善成、荒野拓馬×三好康児、福森晃斗×進藤亮佑をピックアップ。豪華対談では裏話が頻出。全16ページの特集はファン必読だ。

いざという時に(チェックリスト付き) 犬&猫・ペットのための防災対策

「犬を助けたい」――西日本に甚大な被害をもたらした7月の集中豪雨。老犬ボランティアをしていた福岡の女性は3匹の犬と犠牲になった。東日本大震災の時は避難所にペットを連れて行けず、車中での長期生活を強いられてエコノミークラス症候群で亡くなった飼い主もいた。災害発生時、自らの命はもちろんのこと、飼い犬や飼い猫の命も守るためにはどうしたらいいのか。事前の備えは。専門家らに話を聞いた。

「ゴールデンカムイ」人気で予約殺到中 “アイヌ”が味わえる居酒屋

北海道命名150年と大人気の漫画「ゴールデンカムイ」の効果もあってか、アイヌ料理が堪能できる札幌の居酒屋が盛況だ。ススキノの「海空のハル」では、伝統的なアイヌ家屋を再現した特別個室で、特別メニューも味わえる。「ハル」はアイヌ語で「自然から恵まれた食糧」の意味。関係者によると、特別個室は週末の予約はいっぱいだとか。最近は若い女性客の利用が圧倒的に増えているという。